人気ブログランキング |

現在41歳(1つ歳をとりました)    chikoの不妊治療記録。       夢クリニックで体外受精に挑戦。   <2009年1月に卒業しました>


by chiko2008
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

泣かない大人

2008年3月26日(水) <D1日目> 

今日からリセットしました。

色と状態がいつもと違います。
前の病院でも、薬や注射で刺激した後のリセットは、
かなり違いましたから・・・
今回もそういうことなんでしょうか。

薬の内容や量が違うとはいえ、
刺激していることに変わりはないんですね・・・。

採卵周期に入れるかどうかは、これから先の診察で決まります。
でも・・・うまくいくイメージを持てないのはどうして?
転院してから、採卵で足踏みしているのがトラウマに?

んー・・・

良いイメトレ、イメトレ、

イメトレ・・・。


ちょっと話はそれますが、
前の病院の治療で、胚移植後の判定が3回ともダメだったときも、
転院して、採卵できなかったときも、
私は泣いたことがありません。

治療について、具体的な診察で泣いたのは、
不妊の原因が分かったときだけ。
家で夫に報告をしたとき、悲しくて泣いてしまいました。

それ以来、日常で気持ちが昂って涙がこぼれることはあっても、
具体的な診察の内容で泣くことはありませんでした。

ずーっと前、学生時代に先生に言われたことがあります。
「ポーカーフェイスで感情が表に出ないって、損することが多いよ」
その時はあまり意味が分かりませんでしたが、後になって、
先生のアドバイスは社会の窓口だった・・・と思いました。

何事も損得勘定だけで判断するのもつまらないのですが・・・
でも、確かに損な性質でした。 実感!

なりふりかまわず泣いたり、笑ったり、はしゃいだり、無邪気なことは、
人として美点なのだと気が付いたときには、
もう人格ができていましたので(笑)
ずーっと、よく言えばクールなまま生きてしまいました。

でも夫婦喧嘩のときは、なりふりかまわないんですケド・・・。(笑)
どうしてでしょ~。
あ!あと映画「マりと子犬の物語」なんて、テレビで予告編見ただけで
ウルウルしてしまうのに・・・。(←本編見られない)

肝心なことには、泣かない大人になってしまいました。

この先、治療がうまくいくイメージが持てないまま、
実際にうまくいかず、
泣くこともなく、
月日が経って、
すーっと波が引くように諦めてしまったら・・・
どうしよう。

クールな割には臆病です。(・・笑)

諦めないということが、どんなに大事なことか、こういう時によく分かります。
テンションを持続できる才能・・・というの?
過去に、誰にも「諦めたら」なんて言われてないのに、
自分でサッサと諦めて引いてしまったこと・・・ありましたね。

なんてことを、いろいろと考えるのも、
今日からリセットして、
気持ちがざわざわしているせいかも・・・
しれません。
by chiko2008 | 2008-03-26 13:25 | ④通常治療周期 (1)