現在41歳(1つ歳をとりました)    chikoの不妊治療記録。       夢クリニックで体外受精に挑戦。   <2009年1月に卒業しました>


by chiko2008
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2008年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2008年8月28日(木) <D23日目>

今周期からは、調整にも卵巣の刺激にも薬を使わない、
まったく自然の状態で卵胞を育て、採卵することになりました。

うまく進めば来周期、その「自然採卵」にチャレンジします。
自然での採卵って、基本「1個だけ採卵」なんですよね?

大丈夫かな~?

って、不安を少しでも取り除きたくて、鍼灸と漢方、相変わらず続けています。

今日は鍼灸の日でした。

いつもの施術を受けながら、ちょっとしたストレス解消のつもりで、
鍼灸師さんに、日頃私を悩ませている“体重問題”を聞いてもらいました。

  「治療を始めてから3~4Kg増えた体重が、戻らないんです。
   よく薬で太るって言うけど、今は何も薬は服用していないのに。
   お菓子や甘いものは、以前に比べてひかえているし、
   毎日身体を動かすように心掛けています。
   でも若くないせいでしょうか、体重計はびくともしない!」

なんてことを、ブツブツ話して、
「鍼でダイエットってできるんですかね~?」
と、話を安易な方向に持っていったら、
「できなくもないですよ~」と鍼灸師さん。

「以前“耳ツボダイエット”って流行りましたよね?
 食欲を抑えるツボと言われています。鍼うってみますか?」だって。

「は、は、はいっ!」と私。

耳ツボに使う鍼は、通常の施術に使う鍼とは異なります。
シール状の小さなシートに、目を凝らしてみないと分からないような
微細な鍼が付いており、(←デリケートな画鋲みたいなもん)
な、なんと・・・
耳に刺したら、刺しっぱなし(貼りっぱなし)にしておきます。

今も私の両耳にくっついています。

お風呂で耳を洗ったら・・・取れちゃうかもしれませんが。(笑)

で、この「耳ツボ」、効く人と効かない人がハッキリ分かれているようで、
鍼灸師さんに「違和感があったり、効果を感じなかったら取ってくださいね」
って言われました。

う~~ん。

鍼灸の帰り、マクドナルドに寄っちゃった私に、
「食欲を抑えるツボ」が、はたして効いているのかどうか?

わ、分かりません・・・。(効いてないだろ~!?)

ファーストフード系、食べ物を気にして避けていましたが、
「たまにはいっか!」と、息抜きのつもりで食べちゃいました。

アイスコーヒーも飲んじゃった。

久々のコーヒー、美味しかった・・・。

「アルコール&カフェイン断ち」は、まだ続けているつもりですが、
調整周期は習慣化しなければOK、としています。

緩いでしょうか・・・

緩いんです。

と、開き直ったところで、
“耳ツボ”が、お昼のマックには効かなくても、
夕飯からしっかり効いてくれることを期待して・・・オシマイ。
[PR]
by chiko2008 | 2008-08-28 19:50 | ⑥通常治療周期 (3)(自然)
2008年8月26日(火) <D21日目>

NHKのテレビ英会話「リトル・チャロ」を、たまーに見ています。

英会話はサッパリ分かんないけど、キャラクター「チャロ」がとてもかわいい!

アメリカで飼い主一家とはぐれた子犬チャロの、冒険物語です。

e0131036_17333183.jpg

  ワンワン!



英会話は、2年くらい前に教室に通ったことがあります。
と言っても、区の英会話教室で、主婦のカルチャーセンターみたいな雰囲気でした。

他の英会話教室でもそうだと思いますが(?)
生徒同士、グループやペアでフリートークをする時間があります。
でも、とにかく英語がよく分からない同士、
自由にしゃべれと言われても何をしゃべっていいのやら?
「How old are you?」とか、
お互いの身上調査のような会話をしてたなぁ・・・。

ある日、サチコさんという女性とペアになりました。

どうして名字じゃなくて「サチコさん」と下の名前で呼ぶかというと・・・
英会話教室ってそういうざっくばらんな場所のようです。

そしてサチコさんと、いつもの身上調査風 英会話をしていると・・・
私が38歳であること(当時)
そして、結婚しているのに子供がいないことを知ったサチコさん、
急に日本語で、「それは大変でしょう・・・」と言いました。

「??」

サチコさん、続けて「私もね、子供がいないのよ」と言いました。(これも日本語で)

サチコさんは、年はおそらく60歳くらいで、
(さすがにそれくらいの年齢の女性に「How old are you?」とは聞きません!)
その世代の女性にしては長身で、スラリとした体型に
シンプルなパンツスタイルがよく似合う、オシャレな女性でした。

「だって、まわりからいろんなこと言われるでしょう?」
と、サチコさんはこれも日本語で言いました。

教室は、いちおう「日本語禁止」です。
私は小声で「それほどでもないです・・・」とポソッと言いました。

「若いと・・・いろいろね、まわりが言うものね」
サチコさんは、私の返事が聞こえたのか聞こえてないのか、
独り言のように繰り返しました。(やっぱり日本語で)

私はちょっとドキドキしました・・・。
こんなところで子供の話が飛び出すとは、まったく意外なことですから。

その後、講師が「時間です、パートナーチェンジをしてください」
と言ったので(それは英語で)、
サチコさんとは「バーイ」と別れ、その後も子供のことについて
語り合う機会はなかったのですが・・・

独り言のように「まわりが言うもの・・・」と言っていたサチコさんのこと、
声のトーン、今でもたまに思い出します。

サチコさんが若い頃は、今のような医療もなく、
きっと、すごく苦労があったんだろうな。

「私もね、子供がいないのよ」
英会話教室で、ただのクラスメイトだった私にさえ、
フト心の隙間を見せてしまうくらいに・・・。

将来、不妊治療の分野でも、もっともっと医療が進んで、
「昔の女性は大変だったね」なんて言う日がくるかもしれません。

その頃、私もサチコさんになっているのかもしれません。

分かりません。

でも、あの時一つだけ分かったことは・・・
子供ができなくても「その後の人生」があるってこと。
サチコさんのように。

それから何週間か後の、ある日のグループトークで、サチコさんは、
「私、20歳の頃から体重が変わっていないの!」って言いました。(これは英語で)

みんなサチコさんの美しいスタイルを、羨ましがるやら、褒めるやら。
(褒め方分からないので、日本語で「スゴーイ!」って)
あ、でも知らんぷりしてた人もいたなぁ・・・同年代の女性で。(笑)

サチコさんの「その後の人生」は、そんな美しい姿にも
支えられているのかもしれません。
[PR]
by chiko2008 | 2008-08-26 18:50 | ⑥通常治療周期 (3)(自然)

いつか・・・の心配

2008年8月23日(土) <D18日目>

毎日の縄跳び、ずいぶん楽になりました。

今日は1000回跳びました。
やっと普通にそれくらい跳べるようになった・・・。

ウォーキングやジョギングもそうですが、
日々運動に必要な筋肉を使っていると、ちゃんと身体が答えてくれます。
呼吸も楽になってくる。

鍛えたら答えてくれる・・・というの、もうすぐ年齢的な限界が来ると思いますが、
(いつか、やってもやっても上達しない日が来るに違いない)
今はまだステップアップする楽しさを味わえています。

身体をメンテナンスするとき、フト思うことですが、

もしも子供が授からなかったら・・・

私は独居老人(!)になる心配をしなくちゃいけません。

「独居老人」、友人のお姑さんの口癖なんだそうです。
旦那様を亡くされてから1人で暮らしているお姑さん、
「どうせ私は独居老人だから・・・」なんて言ってるのかな?

でも、ホントの独居老人は・・・姑にもなれない人のことじゃないでしょうか!?

少なくとも、「どうせ・・・」と文句を言う相手(息子夫婦)がいるうちは、
独居であって独居じゃないような・・・。

老後の為に子供が欲しいわけではありませんが、
幼い頃は3世代が同居するような家族の中で育った私は、
家族を送り、やがては家族に送られ・・・というのが
「普通の人生」だと思っていました。

もはや「普通」から逸脱しかかっていますが・・・

子供を授かっても、授からなくても、
この先のまだ長い(であろう)人生、
自分の面倒は自分で見られるような身体で生きていけたら・・・
なんて、縄跳びをしながら思う、今日この頃です。
[PR]
by chiko2008 | 2008-08-23 15:48 | ⑥通常治療周期 (3)(自然)

東洋医学の“食”とは

2008年8月20日(水) <D15日目>

昨日は漢方薬局へ行きました。

数週間に1回、カウンセリングを受けて漢方を処方してもらいます。

薬剤師さんに勧められた“縄跳び”、「毎日やってますか?」って聞かれるかなぁ?
なんて思ってましたが、質問は“食”の方へ。

マクロビオティックに関心がある方は、この考えを深く理解されると思いますが、
東洋医学の食は「陰・陽」という考え方です。

身体を冷やす食べ物は「陰」で、NGなんですが・・・
世の中の美味しいものって、どうして身体によくないんでしょ~~?

私の大好物・ヨーグルトも「冷やす」食べ物。
私、思わず「常温に戻して食べたらどうですか?」って聞いちゃいました。
「うーん・・・(苦笑) まぁ、それだったら・・・」と薬剤師さん。

どこまでヨーグルト好きなんだ?と思われたかしら。
でも、好きなんです・・・。

今朝、昨夜のうちに冷蔵庫から出しておいたヨーグルトを食べました。
ぬるかった・・・。

チョコレートなどもNG。
「オヤツは干し芋などがお勧めです」だそうです。
でも夏に干し芋、なかなか見かけないのよね・・・。

他にも食についてあれこれ聞かれ、
食生活については、前回アドバイスいただいたことを
ほとんど実行できてないことが、よーく自覚できました・・・。

でも「玄米食」は、唯一褒められました。(それだけ)

すべてはバランスなんですね・・・。

「幸せや健康は自分の努力によってのみ得られるものです」
って、薬局からもらった食べ物の陰陽表に書いてました・・・。
ハイ、その通りですが・・・。

「縄跳び」についてはとうとう聞かれませんでしたが、
食事よりは真面目にやってました~。
でも、薬剤師さんに勧められた「1日1000回」はムリ。
始めて2日目に1000回跳んだら、翌日階段を下りられない身体になりました。

夫、大笑い。
「なんでいきなりやっちゃうのかなぁ?」
何事も慣れることから・・・が大事ですネ。

今は500回を目安に跳んでます。
最初の頃より、断然楽に跳べるようになりました。

ウォーキングも細々と続けています。
今朝は久々にジョギングもしてみましたが・・・やっぱり暑くて、まだダメそう。

体重は、マーベロンを服用していた頃から少し落ちて、
そこからはあまり変わりません。
でも体脂肪率は、クリニックに通い始めた頃より3%程度落ちて、安定してきました。

毎日オリンピックでアスリートの鍛えられた身体を見ていたら、
私もがんばらなくちゃ!って思いますが、それは理想高すぎですね・・・。
[PR]
by chiko2008 | 2008-08-20 21:30 | ⑥通常治療周期 (3)(自然)

じわじわと・・・

2008年8月18日(月) <D13日目>

前回の診察日から、ブログを含め、治療から少し遠ざかっていました。

でも、今日は鍼灸の日だったし・・・治療を止めてしまったわけではありません。
私なりにですが、少しずつ前進しています。

メッセージのお返事にも書きましたが、
前回の診察の後、思わず泣いてしまったのは、
一瞬治療への希望が見えなくなってしまったから。

今までは、着床しなくても、採卵できなくても、診察の結果が悪くても、
「まだまだ!」という気持ちの方が勝ってました。

でもあの日は、治療のことばかり考えていた、今までの長い長い時間の・・・
緊張の糸がふっと途切れた瞬間でした。

これからも体外受精にチャレンジしていきますが、
(早ければ、来周期採卵です)
私の治療は、薬での調整や刺激なしに採卵する、という方法に変わりました。

私は、気持ちの上で薬での治療に依存しているところがあって、
自然な調整で採卵する・・・というのに、全く自信が持てませんでした。
もちろん今も不安に思います。

でも、もしかしたら・・・
鍼灸と漢方を急に始める気になったのは、もしかしてこの自然調整の為?
なんて思いました。

予知??

イヤ、事態を先読みするカンは全然無いんですが・・・。
でも、予知したと思うのも楽しいね。

不妊治療生活、治療の転機に立ちすくんでしまった思いでしたが、
今は、また前にじわじわと・・・進みつつあります。

ブログにメッセージを書いてくださった方、
心の中で「オイ、ガンバレ」と思ってくださった方、
どうもありがとうございます!
[PR]
by chiko2008 | 2008-08-18 22:13 | ⑥通常治療周期 (3)(自然)
2008年8月13日(水) <D8日目>

今日は診察日でした。

いつものように、採血 ⇒ 内診 ⇒ 問診という流れ。

前の診察日で問題になった残存卵胞、しっかり育ってました・・・。
やはり消えてなかった。

クリニックに転院してからずっと、マーベロンを服用して残存卵胞を消していましたが、
マーベロンは私の場合、ホルモン値に悪い影響が出るということで、
前の周期から服用を中止していました。

先生の診察は、

「明日スプレキュアを使って排卵させましょう。
 次は生理が始まって3日目に来て下さい」


オワリ。

あれ?それだけ??

先生の問診の後、看護士さんからスプレキュアについて説明があったので、
そのときに今日の診察について尋ねました。

「何も薬が処方されませんでしたが、
 今後は何も服用しないということなんでしょうか?」


看護士さんはカルテをパラパラめくって、「そのようですね」とおっしゃるので、

「院長先生は、プラノバールを使うかもとおっしゃってましたが・・・」
と聞くと、

カルテに、プラノバールといったん書いて二重線で消した後があることから、
「先生は検討されて止められたようですよ。
 今後は自然周期で採卵していく予定ですね」
とのこと。

自然周期って・・・薬での刺激ナシ??
それでいいの?
って、私は先生じゃないから、いいのかどうか判断できるわけでなし・・・
う~~~~ん。
(↑心の声)

悩んでいる私に、看護士さんは「もう一度先生と話し合ってみたらいかがでしょう?」
と勧めてくれました。

「そうですね・・・」
このまま悩みながら帰るのは嫌なので、再度問診をお願いしました。

でも、こういう悩みって先生にどう聞けばいいんだろう?
うまく言葉にできるかな・・・
と、質問にまで悩んでいると、番号を呼ばれました。

診察室に入って、まずはプラノバールが処方されなかったことについて尋ねると、
マーベロンと同じ結果を招く可能性が高いので、お勧めしないと判断した、とのこと。

私は
「今不安に思っていることを、先生にちゃんとお伝えできるかどうか
 分からないんですが・・・」

と断ったあと、
今後、薬を何も飲まないことや、セロフェンや注射での刺激もしないということに
不安を感じていると話しました。

断った通りというか・・・やっぱりうまく言葉にできませんでしたが、
先生は概ね言いたいことを察してくださったようで・・・

先生からの説明は、こういうことでした。

    年齢が高くなると薬を減らすというのは、治療の一つの方法。
    それはおかしいことではない。
 
    マーベロンを飲むことでよくない状況を招くのであれば止めて、
    マーベロンを止めるのであれば、セロフェンも避けた方がいい。
    セロフェンのせいで残存卵胞が育ってくることが多いから。
    加えて、セロフェンや注射の効きもあまりよくないと思われるし・・・。

    そういう状況を総合して、自然な状態で採卵して先に進める方がいいと判断した。
    治療は、単純に薬を飲んでる方がいい結果がでるということではない。

「例えるなら、疲れてる奴隷にムチ打って働かせるのと、
 おだてながらやさしく働かせるのと、どっちがよりいい働きをするかですよ」
と先生。

ど、奴隷っ??

いや、奴隷より、「疲れてる」って・・・私の卵巣のこと?(ですよね・・・)

とほほ。

話し合って、今後は自然に体調を整えることで納得しました。
納得したというか、これしかないよね・・・という感じ。

最後に、先生に尋ねました。
「私のようなコンディションの患者さんが100人いたとして、ここ1年以内に
妊娠にいたる可能性はどれくらいあるのでしょう?」


先生は、カルテを見ながら、「ホルモン値がこういう状態だったら・・・」
真剣に考えてくださいました。

答えは書かないでおきます。

そして、先生の答えのせいじゃなくて、こんなふうに治療の転機を迎えたことに、
クリニックの廊下で涙が落ちてきました。

どうしてこんなに悲しいのかな?

ダメだって言われたわけじゃないのに・・・。

今までいろいろありましたが、治療のことで泣いたのは、
今日が初めてのことです。


*今日のお会計 ¥6,090 

*受付からお会計まで3時間40分くらい。
   待ちくたびれて、VERY8月号を熟読したあと、寝てました。
   (VERYって・・・VERYって・・・記事はジョーク・・・ではないよね?)
[PR]
by chiko2008 | 2008-08-13 19:17 | ⑥通常治療周期 (3)(自然)
2008年8月11日(月) <D6日目>

今日は鍼灸の日でした。

クリニック以外に、鍼灸や漢方を始めてから、出かける日が多くなりました。
外出すると、治療費以外にもお金がかかりますね。

交通費やら何やら・・・。
「何やら」の部分は・・・寄り道。
カフェでオヤツを食べることが多いです。

真っ直ぐ帰ってくればいいのにね~。
ちょっと反省。

だからというわけではないんですが、日曜日、夫とフリーマーケットに参加しました。
フリマ、何回か友人と一緒に参加したことがありますが、夫と2人というのは初めて。
ちょっと心配でしたが、夫もちゃんと売ってました・・・。

売り物は、ずーっと押入れで眠っていた頂き物の食器やら、
使わなくなった雑貨、
体重オーバーで着られなくなった洋服(悲しい~)などを放出。

フリマって、意外なモノが売れるなぁ・・・と思ったのは、
夫が中国出張でもらってきた、ヘンな置物が早いうちに売れたこと。

その置物は、ガラス素材の高さ5cmくらいの小さな長方体で、
表面に中国風な風景画が描かれてました。
「これ何に使うのかな?ペーパーウェイト?ただの飾り?」
って2人で首を傾げてたんですが・・・

売る物を並べて早々に、50歳くらいの男性に「これください」って言われて、
エ?この置物が売れちゃうの??とビックリして、
「これですよね?」と、あらためて確認しちゃいました・・・。

北京オリンピック効果かしら?

フリマは、参加費と駐車場代を除いて、¥11,000 ほどの売り上げ。

秋冬物の洋服がほとんど売れなかったので(当然といえば当然ですが・・・)
寒くなったらもう1回やろうか?と話しています。

そうそう、北京オリンピックといえば、
私、20年以上前の北京を訪れたことがありますが・・・
北京は随分変わったみたいですね。

人民服を着ている人がいない・・・ということに驚きました。
毎年、年に何回か中国に出張する夫に言ったら、
夫も「人民服を着ている人、見たことないよ」だそうです。
当時は、天安門広場にたくさんいたんだけどなぁ・・・。

私、お土産に人民帽を買いました。(・・・何故か)
チャイナドレスも買いましたが(横浜・中華街で売ってるようなの)
家で着て家族に見せたら、父が一言、
「キャバレーみたいだ」
母に「そんなこと、娘の前でっ!」と怒られてました・・・。

夫にも着て見せてあげたいんですが(←たぶん見たくないと思いますが)
20年という長い月日の中で・・・
チャイナドレスはどこに行ったか?もう分からなくなりました。
[PR]
by chiko2008 | 2008-08-11 20:17 | ⑥通常治療周期 (3)(自然)
2008年8月8日(金) <D3日目>

今日は診察日でした。

今周期は、来周期以降の採卵に向けて、調整する期間です。
今度こそ胚盤胞凍結できるように、しっかりリセットしたいです。

でも・・・

内診では、私が画像を見てもスグにそれと分かるような、
大きな残存卵胞がゴロッと残ってました。

問診で、「大きいのが3個残ってるね」と先生。
一番大きいのが10.8mm。

残存卵胞が問題になるのは、クリニックに通い出してから初めてです。

前回の採卵以降、調整の為のマーベロンは飲んでいませんが、
あぁ、マーベロンを飲まないってこういうことなのね!?
と思いました。

マーベロンのおかげで、残存卵胞が消えていたんですよね・・・。

D3日目のホルモン値は

-----------------------------------------------------------------------------

E2・・・394    LH・・・8.9    FSH・・・7.9

-----------------------------------------------------------------------------

残存卵胞は、もしかしたら空の卵胞かもしれないそうですが、
私のE2の値からは判断できないそうです。

E2の値が正確に出にくい体質・・・と前から言われてて、
いつも高めに出ています。

FSHの値は、マーベロンを飲んでいたときと比べると、1/3~1/2に下がっています。
でもLHの方が高い・・・。

薬っていろいろ影響してるんだなぁ・・・。
いいことも悪いことも、両方。

「次の診察で経過を見ましょう」ということで問診は終わりましたが、
この周期でちゃんと調整できるのかな~。
次の診察で、何か薬は処方されるのかな?

どうしたらいいか・・・
おしえて漢方!(←過度な期待)
そして鍼灸・・・。

1周期、治療をお休みしてもいいかなぁ・・・なんて、弱気になってきました。

もうすぐ41歳なのに・・・。

41歳・・・バカボンのパパと同じ歳なのだ。
(赤塚不二夫先生のご冥福をお祈りいたします)

私も早くハジメちゃんが欲しい、の反対の反対なのだ。

なつかしい、この口調・・・。


*今日のお会計 ¥3,500 

*受付からお会計まで1時間40分くらい。
 (午後の診察でしたが、いつもより空いてました)
[PR]
by chiko2008 | 2008-08-08 21:14 | ⑥通常治療周期 (3)(自然)

跳んでます!

2008年8月7日(木) <D2日目>

漢方薬の味、昨日は ォェ なんて書いちゃいましたが、慣れてきました。
常温に冷まして、息を止めていっきに飲む、そしたらOK!
(ぜんぜんOKじゃない飲み方ですが・・・)

毎日漢方を飲む以外に、薬剤師さんにもう一つ勧められたことがあります。

「ぜひ毎日やってくださいね」って。

それは・・・

縄跳び。

「一日1000回くらいを目標にやってみてください」
と言われて、さっそく買ってきました、縄跳び。

縄跳び買うなんて、いったい何年・・・何十年ぶり?
500円くらいで買えるのかなぁ?と思っていたら、230円で買えちゃいました。

子供用縄跳び、安いっ。

で、やってみると、めちゃめちゃキツイではありませんか!
身体が重い~。
息があがる~。

漢方飲むのとどっちがマシかなあ・・・(って、選択肢じゃないんですが)。

休み休み跳んで、今朝はなんとか300回跳びましたけど・・・
目標1000回~!?

夕飯前にチャレンジしてくるかな・・・。


明日は診察日、久々のクリニックです。
[PR]
by chiko2008 | 2008-08-07 18:55 | ⑥通常治療周期 (3)(自然)
2008年8月6日(水) <D1日目>

今日から新しい周期が始まりました。
ブログに「通常治療周期 (3)」というカテゴリーを増やしました。

(どうか、もう(3)で終わりますように・・・)

「通常治療周期」と書くと、通常じゃない治療があるみたいで、
変なカテゴリー名です。

夢クリニックの特徴である「クロミフェン周期制度(成功報酬)」以外の体制で
治療をしています・・・という意味ですが、
体外受精を行うたび毎回清算をする、他の病院と変わらないシステムです。

クリニックで治療をするほとんどの人が、「クロミフェン周期制度」を
利用していると思うので、
そういう意味ではこっちが「通常じゃない治療周期」なんですが・・・

クリニックにもらった料金表に「通常体外受精」って書いてあったので、
通常ってことにしちゃいました。

で、前回の体外受精・治療費の請求書、届いてます・・・。

採卵、培養まで(胚移植中止)、夫の分と合算で
¥151,675

1回目よりオトクになってます。(・・・笑)

2回目以降は割引が適用されます。
割引ってなんだろ~?と思わなくもないですが、ありがたくお受けします。


さて、昨日私は漢方薬局に行ってきました。

漢方薬局に入ること自体初めてでしたが、キレイな薬局でびっくり。
もっとおどろおどろしいところかと思ってました・・・。

相談の予約をしていた薬剤師さんと、1時間くらい話したかなぁ・・・
体調のことや不妊治療のこと、あれこれ。

不妊の相談に来る女性は多いようで、薬剤師さんは、
院長先生の漢方嫌いもご存知でした。
が、それについて特に否定なさらず、薬剤師さんはオトナの態度で、サラリと・・・。(笑)

で、私・・・調剤してもらっちゃいました。まずは20日分。

ティーパックに、なにやら木の皮のようなものがあれこれ入っています。
(内容は一つ一つ説明を受けましたが、聞きなれない名前なので
 忘れちゃいました)
そのティーバックを生姜と一緒に煎じて、1日2回、朝・夕に飲みます。

で、昨夜さっそく煎じてみたのですが・・・

ぶはっ!

ヘンな匂い。

そして、煎じること40分・・・

食後にゴックン。

お・・・

ォェ・・・

いくつになっても新しい経験はできる、という味でごじゃいました。

20日後にまた薬局を訪ねて、服用の感想や体調ナドを相談します。

それにしても、鍼灸・漢方、そしてクリニック・・・治療費が家計を圧迫しています。

そんなこんなで、今年の夏休み、東京近郊で過ごす予定。
[PR]
by chiko2008 | 2008-08-06 17:33 | ⑥通常治療周期 (3)(自然)