「ほっ」と。キャンペーン

現在41歳(1つ歳をとりました)    chikoの不妊治療記録。       夢クリニックで体外受精に挑戦。   <2009年1月に卒業しました>


by chiko2008
カレンダー

<   2008年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

丁寧に暮らす

2008年3月31日(月) <D6日目>

ただ今、次の周期の採卵に向けて、卵巣をリセット(調整)中。

早い話が・・・何もしてない状態です。

現在、治療は薬もナシ。

サプリや漢方は飲んでないので、本当にただ生活しているだけです。
これと言って妊娠のためにやっていること・・・アリマセン。

焦りませんか? って聞かれると・・・

ハイ、やや焦ります。(笑)



さて、食べ物のことですが、前の日記にも書きましたが、
私は宅配で無農薬&減農薬野菜をとっています。

これは妊娠のために・・・というより、
お料理のバリエーションを増やしたいと思ったことと、
美味しい野菜を食べたいと思ったこと、
そして、健康によかれと思って始めたことでした。

きっかけはそうでも、続けていくとその先には・・・
「妊娠にもいい」、「子供にもいい」ということになりますね、きっと。

さっき「妊娠のためにやっていることはない」と書きましたが、
食べ物に気を使うのは、
あくまで結果的にという意味ですが、
将来につながっていくことかな?・・・とも思います。

私がとっている野菜は「らでぃっしゅぼーや」。
もう6年以上続けています。
完全な無農薬ではなく、減農薬野菜(種類と回数を明記)も混ざっています。

「パレット」と呼ばれる野菜の詰め合わせが毎週届きますが、
野菜を選ぶことはできません。
基本的に旬の野菜がセレクトされて届きます。

野菜を選べないというの、始める前は不安でしたが、
今では、この「詰め合わせ」がないと不安です。(笑)
野菜を見て、その週の献立を決めます。

好きな料理が作れないじゃん・・・と思われるでしょうが、案外、大丈夫でした。

私の場合は、仕事の進め方も
デザイナー型(←ゼロからモノゴトを創造するタイプ)ではなく、
コーディネーター型(←材料を組み合わせて新しいものを創造するタイプ)でしたので、
この「詰め合わせ」はとても性に合っていたのデス。

詰め合わせ以外でも、カタログから食品や日用品を注文できます。

妊娠のために始めたことではありませんが、特別なことをしていなくても・・・
丁寧に暮らしていくことで、
妊娠とつながっていること、きっとたくさんありますね!

私は、その考え方でいこうと思います。

・・・って、たった今思いついて、決めました。(笑)
[PR]
by chiko2008 | 2008-03-31 18:16 | ④通常治療周期 (1)

なぜなぜ?

2008年3月28日(金) <D3日目>

クリニックの診察は、毎回採血して、ホルモン値を出します。
前の病院では、毎回採血するほど細かく値を追うことはありませんでした。
これはクリニックの特徴なのかな、と思ってます。

昨日の日記に書いた通り、今周期は採卵せず、
引き続き卵巣をリセット(調整)することになりました。
それは、マーベロンを14日間服用した後の
LH(黄体刺激ホルモン)、FSH(卵胞刺激ホルモン)の値で
決定されたのですが・・・


  ■ マーベロン14日間服用後、3月21日<D26日>の値
      LH ・・・・ 0.3   ← OK
      FSH ・・・ 1.0  ← この値が1.0未満になるように調整したかった


今回、FSH(卵胞刺激ホルモン)の値を調整しきれず、採卵に進めませんでした。 

ところで、前回採卵に入る前の値はどうだったかな?と思って
データを見てみたら、


  ■ マーベロン14日間服用後、2月20日<D25日>の値
      LH ・・・・ 0.3
      FSH ・・・ 1.0  


あれ? 同じ値ですっ。

FSHの値、同じく1.0未満じゃないのに、前回はこのあと採卵を試みました。
でも今回は採卵を見送ることになりました。
その理由は「FSHの下がりがよくなかったから」なんですが・・・。

じゃあ前回は? 同じ値なのに、どうしてGOしたのかな?

どうしてでしょ~。

FSHの値の基準が3月から厳しくなったのかな?
(そんな税率みたいな・・・)

前回も今回もマーベロンを服用したのは14日間。
院長先生は、「採卵に入る前は19日間服用する」っておっしゃってましたが、
前回も14日間でした。

ん~?

先生によって判断が少し違うとか?

前回、空胞だったから、今回は慎重にいくとか?

? ?

次の問診、院長先生を希望して聞いてみましょう。

そうそう、前回、
「女性ホルモンの値が高いね~」とも言われました。
続けて、
「だいたい毎回高めにでとるなぁ・・・」とも。

次は、もっと厳密に女性ホルモン値を出してみることになりました。
タンパクなどを除去して値を出すそうです。
「血液の処置に2~3時間かかるから、午前中に来てね」
と院長先生。

てことは、午前中+院長先生希望+血液処置で、
クリニックにロングステイ覚悟です。

・・・VERYもFIGAROもELLEも飽きちゃいました。
[PR]
by chiko2008 | 2008-03-28 13:38 | ④通常治療周期 (1)

夢クリニック 11回目

2008年3月27日(木) <D2日目>

今日は診察日でした。

いつものように、採血 ⇒ 内診 ⇒ 問診 という流れ。

今周期は採卵かと思いきや・・・

結果、採卵周期には入れず、リセット(調整)を続けることになりました。

今日の診察は院長先生でした。
(特に希望を出してなかったので、偶然です)

院長先生は・・・

「前回、FSHの値が高かったね。だから次は採卵しないで
 リセットを続けるということになっとったよね」


えー、なっとったの? 知らんかった。 (←心の声です。実際には、しばし無言)

「前回、14日間マーベロン飲んで終わりにしたでしょ。
 次に採卵するつもりなら、もうあと5日分処方するのね」


そうなんですか・・・。

それにしても、
そういうことなら前の問診で言ってくれればいいのに~っ
と思いましたが、
言うの忘れた、というより、
分かっていること、と判断されたのかもしれません。

言ってくれればよかった・・・けど、
でも、6日前に「次の周期もリセットを続ける」と知ってたら、
何かメリットがあったかな?

心の準備ができた・・・という以外、知っていたところで、
あんまりいいこともなさそうだから、ま、いっか。

それにしても・・・

リセット(調整)を続けるのかぁ・・・

がく。

問診の最期に、私はまた聞いてしまいました。

「FSHの値をよくするために、自分で何かできることないですか?」

「ん~、これは、ないね~」 (先生)

ハイ、分かっていたんですが、
聞かずにはいられなかった。


さて・・・
診察でダメージを受けたとき、私の気分転換は、「寄り道&カフェ」です。

今日は新橋から電車に乗りましたが、
たまにクリニックから有楽町まで歩いたり、
そのまま銀座まで歩くこともあります。

今日のカフェは、最寄り駅のスタバでした。
帰宅する前に、コーヒー1杯飲んで気分を変えます。

どうぞ次はいいことありますように~!


*今日のお会計 ¥6,090

*受付からお会計まで2時間くらい
[PR]
by chiko2008 | 2008-03-27 21:14 | ④通常治療周期 (1)

泣かない大人

2008年3月26日(水) <D1日目> 

今日からリセットしました。

色と状態がいつもと違います。
前の病院でも、薬や注射で刺激した後のリセットは、
かなり違いましたから・・・
今回もそういうことなんでしょうか。

薬の内容や量が違うとはいえ、
刺激していることに変わりはないんですね・・・。

採卵周期に入れるかどうかは、これから先の診察で決まります。
でも・・・うまくいくイメージを持てないのはどうして?
転院してから、採卵で足踏みしているのがトラウマに?

んー・・・

良いイメトレ、イメトレ、

イメトレ・・・。


ちょっと話はそれますが、
前の病院の治療で、胚移植後の判定が3回ともダメだったときも、
転院して、採卵できなかったときも、
私は泣いたことがありません。

治療について、具体的な診察で泣いたのは、
不妊の原因が分かったときだけ。
家で夫に報告をしたとき、悲しくて泣いてしまいました。

それ以来、日常で気持ちが昂って涙がこぼれることはあっても、
具体的な診察の内容で泣くことはありませんでした。

ずーっと前、学生時代に先生に言われたことがあります。
「ポーカーフェイスで感情が表に出ないって、損することが多いよ」
その時はあまり意味が分かりませんでしたが、後になって、
先生のアドバイスは社会の窓口だった・・・と思いました。

何事も損得勘定だけで判断するのもつまらないのですが・・・
でも、確かに損な性質でした。 実感!

なりふりかまわず泣いたり、笑ったり、はしゃいだり、無邪気なことは、
人として美点なのだと気が付いたときには、
もう人格ができていましたので(笑)
ずーっと、よく言えばクールなまま生きてしまいました。

でも夫婦喧嘩のときは、なりふりかまわないんですケド・・・。(笑)
どうしてでしょ~。
あ!あと映画「マりと子犬の物語」なんて、テレビで予告編見ただけで
ウルウルしてしまうのに・・・。(←本編見られない)

肝心なことには、泣かない大人になってしまいました。

この先、治療がうまくいくイメージが持てないまま、
実際にうまくいかず、
泣くこともなく、
月日が経って、
すーっと波が引くように諦めてしまったら・・・
どうしよう。

クールな割には臆病です。(・・笑)

諦めないということが、どんなに大事なことか、こういう時によく分かります。
テンションを持続できる才能・・・というの?
過去に、誰にも「諦めたら」なんて言われてないのに、
自分でサッサと諦めて引いてしまったこと・・・ありましたね。

なんてことを、いろいろと考えるのも、
今日からリセットして、
気持ちがざわざわしているせいかも・・・
しれません。
[PR]
by chiko2008 | 2008-03-26 13:25 | ④通常治療周期 (1)
2008年3月24日(月) <D29日目> カルテ上ではD31日目

予定では明日生理がくるはずですが、体調に変化ナシ。
前回の採卵周期では、マーベロンを飲み終えてから6日目に
生理が始まったので、今回も遅いのかもしれません。


この日記は、夢クリニックに転院したことをきっかけに書き始めました。
自分の気持ちの他、治療の具体的な内容や、
医師とのやりとりなども書いていますが、
日記を読んでくださる方に、
簡単にクリニックを勧めたり、転院を勧める気持ちではありません。

ただ、私は転院を決めたからには、クリニックの医師・看護士・スタッフを
信頼していますので、ちょっとは・・・賞賛する言葉があるかもしれませんネ。
(かなり・・・かな?)

転院の決断って、難しいです。
何がいいのか? どうしたらいいのか?
ふかーく考えると、転院した今でも分かりません。

さっきの「信頼している」という気持ちも本当ですが、
「分からない」という気持ちも本当です。

分からないからこそ・・・その人に「合う」治療、「合わない」治療というのも
あるのかなぁ?と思います。

前の病院の医師に、
まだ具体的な転院先は決めてないが、転院の意思がある・・・ということを
伝えたとき、こういうアドバイスを頂きました。

「どうぞ症例の多い、不妊治療専門の病院を選んでください。
 失礼ですが、適切と思えない病院で、治療が後退することがないように」


具体的なことまでは言及されませんでした。
でも、不妊外来の専門医からのアドバイスとして、
いろんなことを考えさせられました。

以前、KLCに通っていた友人からは、こうアドバイスを頂きました。

「何か治療に疑問をもったら、まず転院してみるのがいいと思う。
 絶対にコレ!っていう治療法はないから。
 合わないと思ったら、病院を変えてみるのも方法だよ」


で、私は・・・
よく分からないんですよね。(笑)
人にアドバイスできるほどの確信がないというか・・・。

確実なことはない、それだけは確実です。(笑)

これからもアドバイス的なことは・・・
たぶん出てこないと思います。

私にとって、転院も治療も、霧の中を歩いている気持ちなのです。
見通しが悪くて、モヤモヤしてる感じ・・・。

でも先を急がなくちゃ、です!

がんばりましょう! (←結局、これです)
[PR]
by chiko2008 | 2008-03-24 17:18 | ④通常治療周期 (1)

節約とか趣味とか

2008年3月22日(土) <D27日目> カルテ上ではD29日目
今日から次の診察日まで、薬の服用はありません。

土曜の午後・・・ピカピカのいい天気ですね!
家の中でブログを更新している場合ではありません。

でも、今日はこの後、ジョギングに出かける以外、
これと言った予定はナシ。
今日の夕飯の食材は、昨日のうちに買物してきたし。
夫は仕事に行きました。

家にいることが多い私ですが、家が好きといえば好きなんですケド、
不妊治療しながら専業主婦、という立場は、
それなりに家計を切り詰めていかないとお金が続きません。
・・・という意味でも家にいます。(笑)

ザックリ大きく切り詰めたものは、我が家は「娯楽」です。
旅行を止めたり、
入場料がかかるレジャー施設を避けたり、
洋服を買わないようにしたり(←私の娯楽デス)
目的もなくウィンドウショッピングするのを止めたり(←結局お金を使います)
友人と会う回数を減らしたり、
会うときは家に来てもらい手料理をふるまったり・・・

「金のないときは家に居れ」です。

映画も、俳優さんの大ファンだとか、大きな画面で見たいとか、
夫婦どちらかの強い希望がないと行きません。
レンタルDVDで楽しみます。

ちなみに一昨日、レンタルDVDで「ボーン・アルティメイタム」を観ました。
私はこのボーンシリーズ(3部作)のファン。
ファンなんだけど・・・DVDクラスのファンなのです。(笑)

そんなオタクな私が、治療を始めてから出会った趣味は・・・縫い物。
ミシン&時々手縫いで、バッグや洋服、ストールを作ります。
と言っても、難しいものはムリ。
超・初心者ですし・・・本を見て、理解できる範囲でやってます。

これは節約というより、単なる「趣味」ですネ。
布代はかかりますが、服を買うのに比べると、ぜんぜん!
(・・・ってことは、ちょっとは節約になってるのかな?)

縫い物、仕事をしていたときは全く興味ありませんでした。
むしろ、手作り的なアイテムが苦手な方でした。

今も、甘くてかわいすぎるものは苦手です。
レースやパッチワーク、私には似合いません。

でも、可愛い柄の布を見ると、自分はムリですが、
子供がいたら何か作ってあげたいなぁ・・・と思います。

ハッ! 縫い物との出会いは、もしかして「お母さんトレーニング」?
と都合のよい想像はともかく・・・

ジョギングが終わったら、
シャワーをあびて、手芸やさんに行こうかな?と思ったりする、
のんびりした土曜の午後でした。
[PR]
by chiko2008 | 2008-03-22 13:36 | ④通常治療周期 (1)

夢クリニック 10回目

2008年3月21日(金) <D26日目> カルテ上ではD28日目

今日は診察日でした。

採血 ⇒ 内診 ⇒ 問診 という流れ。

今日、先生に指摘されたのは・・・

「FSHの値が高いね。あんまり薬(マーベロン)が効いてない」

それはどうして?(← 私の心の声)

「卵巣が疲れてますね」

ハ?

卵巣が・・・疲れてますか?(← このへんもずーっと心の声)

卵巣疲労?

「とりあえず今日でマーベロンは終わります」
と先生。

そして、次の診察日を約束して、問診は終わり。
まさに“1分間問診”でした。

卵巣が疲れていると聞いて、卵巣以外のところがドッと疲れちゃって、
先生に何も質問する気がしなかった。

まぁ、そんな日もある・・・。

それにしても、卵巣が疲れるって、どゆこと?
イメージとしては分かるけど・・・
例えば身体が疲れたら眠るとか、
栄養あるものを食べるとか、
そういう対処法が分からない・・・。

疲れてるって、卵巣が「老化してますね」のソフトタッチな表現なのだろうか?

・・・考えるまい。

もちろん、ろ・・・老化ではなく、前の治療の影響が続いているのだとも考えられます。
初診のとき、院長先生に
「前の治療の影響は、どれくらいできちんとリセットできますか?」
と聞くと、
「それは人によるね~。すぐ次の周期でリセットする人もおれば、
 半年くらいかかる人もおるし」

とおっしゃってました。

人によるのか・・・。

分からないことだらけ。

分かっているのは、卵巣が疲れているってことだけ~。

・・・・・。


悩んでいても、日にちだけは過ぎていきます。
予定では、マーベロンを終了して約3日後に生理が始まり、
新たな採卵周期に入ります。

クリニックでは3回目の採卵(予定)です。
(は、早っ)


*今日のお会計 ¥6,567 (一部、前回の保険適用外分 含む)

*受付からお会計まで1時間くらい
[PR]
by chiko2008 | 2008-03-21 20:33

むくんでます

2008年3月19日(水) <D24日目> カルテ上ではD26日目
変わらずマーベロン服用中。

今日はとっても身体がむくんでます。

顔も手も足も。

ふくらはぎ~足首もパンパン。
いつもはキュッとしているのにネ。(←ウソ)

むくんでいると、手足が軽く痛みます。
痛むってほどじゃないなぁ・・・じんじんする感じ?

マーベロンを飲み終えてリセットすれば、このひどいむくみも治まるハズ・・・
と思いつつ、ちょっと怖いもの見たさで体重計に乗ってみました。

ガーン。

これは水分、水分・・・むくみのせい・・・と、自分に言い聞かせていますが、
脂肪じゃないという保障はナイ。

私、普段は週に2~3回ジョギングをしているのですが、
治療で気分が悪いときや、採卵前はお休みしています。

この「お休み」がクセモノで、1週間以上休んで再開すると、
身体が休む前よりも後退してしまいます。

休みを挟みながらの運動は、
ダイエットとしてはあまり効果のない運動です。
それに距離も伸びない。

自分で自分の身体を思うようにコントロールできない状態・・・
仕方ないことですが、ちょっとストレスです。

いや、できないことを悲しむより、
少しでもできることを喜ぶ方が前向きですネ!(笑)

体外受精の治療歴、私も長くなりましたが
(気がついたら中堅どころ!?)
毎度、「むくんだ」だの「太った」だので
心の中で大騒ぎしています。

慣れないなぁ~。
[PR]
by chiko2008 | 2008-03-19 16:20 | ④通常治療周期 (1)

できない理由

2008年3月18日(火) <D23日目> カルテ上ではD25日目

D23日目、リセットが近い&マーベロンで気分が冴えません。
お腹が重い。

そして昨日から、食後にひどく胸焼けするようになりました。
食べる量はいつも通りなので・・・
食べ過ぎではないと思いますが。(ドキ!)

胸焼けは、胃がムカムカして、喉の奥の方が軽くチリチリ焼けるような感じ。
変な感じです・・・。


2月5日に病院に通い始めてから、
薬も注射もスプレキュアもない日っていったい何日あるんだろ?
ってフト思っちゃいました。

ま、それを数えたところでどうしようもないんですが。(笑)
ほとんどの日で、何か飲んだり打ったりしてる。

次の周期ではちゃんと採卵したいなぁ・・・。
完全自然周期も入れると、3回目のチャレンジです。

クリニックに転院する前、3回体外受精(採卵→胚移植)をしましたが、
採卵ができなかったことはありませんでした。

ただ、右側の卵巣からは採卵し難いので、
薬で刺激しても数多くは採れず、
<採卵 → 受精 → 胚移植>を3回繰り返しました。

もし凍結胚があったら、どんなに身体の負担が少なくて済むか・・・
と思ったものです。

でも、どうしてクリニックでは採卵すらできないのか?

私なりに・・・できない理由をこう考えています。


     前の病院では、多量の薬による刺激でとりあえず採卵はできたが、
     実はあまり質のいいものではなかったのでは・・・?

     クリニックでは卵の質を重視している。
     治療は、あくまで妊娠が目的で、採卵が目的ではない。
 
      
改めて先生に聞いたわけではありませんが、説明会や
今までの診察で感じたことです。
[PR]
by chiko2008 | 2008-03-18 18:10 | ④通常治療周期 (1)

幸せについて

2008年3月17日(月) <D22日目> カルテ上ではD24日目

相変わらずマーベロンを飲んでいます。

飲み始めた頃のような副作用は感じませんが、なんとなくお腹が重いです。
特に寝起きは、少し気持ち悪さを感じます。

あと、やっぱり顔がむくんでます。

通常治療周期でマーベロンを飲み始めて10日以上経ちますから、
もういっそ、むくんだ顔が地なんだと思えばいいんですケド・・・。(?)



先週のこと、今さらですが『お年玉つき年賀ハガキ』の当選品を交換しました。
当たったのは、切手シート1枚です・・・。
毎年、夫と「当たらないもんだね~」と言い合ってます。

年賀状、あらためて見ると子供の写真が多いですね。
赤ちゃんから、上は中学生くらいまで。
お子さんが育ちきったご家庭は・・・親戚ナド、「お孫さん」が登場です。

さて・・・友人・知人のところに子供が産まれると、
普通に「おめでとうございます」と言います。

普通のコトなんですが、ときどき、
「おめでとうって思ってないんじゃないの?」と
相手に勘ぐられるのでは?と、勘ぐっちゃいます。

ややこしいですね。(笑)

不妊治療をしていると、
親しい友人の出産に、心からおめでとうと言えるのか?
ということを考えたのですが・・・
これは、言えますね。

ただし、何をしても100%ということではありません。
出産の幸せを妬む気持ちがあっても、
自分を惨めに思っても、
「おめでとう」と思える気持ちも本当なら、
それでいいじゃん、
と思うのです。

何でも100%じゃないなら嘘だ、という考えをしなくなりました。

にくったらしいけど愛しい、とか、
夫婦だって矛盾しています。(笑)

いつか私たちが子供を授かったら、年賀状に子供の写真を使うだろうか?

それは・・・分かりません。

今の私は、次周期での採卵を目標に、
ただ今マーベロン服用中・・・という状況ですから、
まだまだそこまでの心情は想像できません。

今思うことは・・・出産に限らずですが、
人の幸せに「おめでとう」と言い、
そして自分の幸せにも人から「おめでとう」と言ってもらいたい。

人に気を使われて、幸せを隠されたり、
自分の幸せを隠さなくちゃいけなくなる間柄より、
お互い「おめでとう」と言い合える方が幸せだなぁ・・・と思います。

切手シート1枚ゲットをきっかけに、
幸せについて考えちゃいました。
[PR]
by chiko2008 | 2008-03-17 15:25 | ④通常治療周期 (1)