現在41歳(1つ歳をとりました)    chikoの不妊治療記録。       夢クリニックで体外受精に挑戦。   <2009年1月に卒業しました>


by chiko2008
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:⑥通常治療周期 (3)(自然)( 20 )

2008年9月22日(月) <D23日目>

なんのかんのと、今周期も23日目。

来周期、また採卵できますように・・・!と、今は祈るだけ。


今日、マクドナルドで食べてたら(またそんなところに入ってしまった。ダレ気味)
女子高生5人が、隣の4人がけのテーブルに座ろうとしました。

それはせまいよね。

「ね、テーブル1つ使う?」
私の使っていたテーブルは、小さいのが2個くっついていたので、
声をかけてみました。

「あ、椅子だけ貸してください!」
と女子高生。
「せまくない?」
と私。

「大丈夫です!ありがとうございます!」

彼女たちのしゃべりは、どうも最後に「!」がついているように聞こえます。
どうってことない会話も、弾んでいる!感じ。

4人がけのテーブルに5人でちんまり座った彼女たちは、
結局のところくっつきたいんだろうな。
顔をすり合わせるようにして、たちまち学校の話に夢中になっていました。
やがては男の子の話になるのかな・・・。

私にはもう、ああいう距離感はないなー、なんて思いながら見てました。

とにかくゆったり座りたいもん。

そして、気心の知れた友人何人かで集まっても、
一つの話題に夢中になれるようなこともない・・・かなぁ。

みんなそれぞれの近況を話し合います。

でも時々、私は話すことが無い。

独身仕事組の中に入ると、この頃は聞き役になることが多いです。
彼女たちが話すような刺激的なこと、私の毎日には無いしなー。

治療のことは、相変わらずあまり話しません。

それでも、たまーに話すこともありますが、ある反応が多くて、
やっぱり最後には黙ってしまいます。

それは、「幸せの押し付け」。

「治療できるだけ幸せよ」
とか、
「結婚して安定した生活して、まわりから見ると幸せって思われてるよ」
とか。
「結婚してるだけいいじゃない」
とか。

私は、治療を始めてすぐに、検査で「両側卵管閉塞」と分かりました。
どんだけがんばっても(?)自然妊娠は奇跡・・・。

この検査結果に、最初はみっともないくらい動揺しましたが、

「私って、そういう障害を持ってたんだな・・・」

卵管閉塞をあえて「障害」と思うことで向き合い、
その障害を医療の力を借りて乗り越えたい・・・!
と、願ってきました。

もちろん、もっと重篤な障害をかかえている方からみると、
私の卵管のことなどちっぽけなことかもしれません。

でもそのちっぽけなことに対してもなお、「幸せ」という言葉は、
不釣合いだと思ってきました。

卵管が機能してないのは、正直幸せじゃないです。

もちろん、全体をひっくるめて大ざっぱにまとめると「幸せ」寄りに生きてますが、
悩みに負けてしまうときも多々あるわけで・・・。

体外受精の回数を重ね、一つまた一つと年を重ねる度、
世間のマイノリティに入る不安を、強く感じてきました。
不妊じゃなくても、他の事情で「主流」から外れた不安を抱えている人たちと同様に。

でも人は「あなたは幸せだよ」と括ろうとするのは何故か・・・。

この頃は、不遜な言い方を承知で言うと、
嫉妬もあるのかもしれない・・・、そう思います。

マクドナルドの狭いテーブルでくっつきあって、
学校の話に夢中になれた時代が、私たちにも確かにあったのに、
そこから長い長い月日が流れて、
私たちもまたそれぞれの人生へ流れていってしまったんだな・・・

女子高生の隣で、そんなことを考えていました。


・・・しみじみしたついでに(?)、コーヒー飲んじゃった。

10日に1回くらいは飲んじゃうな。
[PR]
by chiko2008 | 2008-09-22 17:35 | ⑥通常治療周期 (3)(自然)

SATC

2008年9月18日(木) <D19日目>

今日は2週間ぶりの鍼灸でした。

始めて2ヶ月経ちましたが、最近になってやっと「身体が楽」と
実感できるようになりました。
始めた頃は、鍼治療した日でも「何か違うのかな?」なんて思ってましたけど・・・。

効き方には個人差があるんだな・・・と思います。


さて、昨日、映画「セックス・アンド・ザ・シティ」を観ました。
水曜日はレディースデイで、¥1.000で観られます。(いい企画だ)

映画の内容は・・・タイトル通りでした。(笑)

私はTVドラマの方は観たことないので、話分かるかな~?と心配でしたが、ぜんぜんOK。
上映時間144分と長めでしたが、テンポいいストーリー展開で、あきません。

この映画は・・・
えらそうな主義・主張なんてしない、
説教もない、
感性をためすような小難しいこと言わない、

もう、そのまーんま!楽しめました!

(生きる糧となるような映画を観たい人は、観ちゃいけません・・・)

あえて学んだことがあるとすれば、
人生にはLOVEと仕事と、そしてやっぱり、ほんの少しは反省が必要、
ってことかなぁ?

ファッションが話題になっている映画ですが、街の風景や
室内のインテリアも楽しめました。
私はどちらかというと、インテリアの方に興味津々。

観に来ている人は、年齢層30~40歳くらいの女性ばかりかと思っていたら、
50歳くらい、もしくはそれ以上の女性も多くてビックリ。

お姉さま方にも人気あるんだな~なんて思っていたら、

ドラマを観てない私はビックリしたのですが・・・

メインキャスト4人のうち、サマンサ(←ちょい土屋アンナちゃん似)の年齢、
49歳という設定だったんですね~。
映画の中で50歳のバースデイをむかえます!

そ、そんな~。すごすぎる!

でも、演じる女優さんの実年齢はそれ以上と知り、ひょえ~!

なるほど・・・50歳以上の女性も、しっかりターゲットにした映画だったのね。

主人公キャリーを演じるサラ・ジェシカ・パーカーの大味な美貌は、好みが
分かれると思いますが、彼女の声はとっても魅力的でした。

セクシーというのでもない、若々しいというのでもない・・・、
みずみずしい感じ!

私の声は、戸田恵梨香ちゃん系のくぐもった感じなので(←例えが若すぎ)、
うらやましいぞ・・・。
[PR]
by chiko2008 | 2008-09-18 19:56 | ⑥通常治療周期 (3)(自然)

私は何をする人ぞ

2008年9月16日(火) <D17日目>

次の診察日(D3日目)までは、ひたすら自力で身体を整える毎日です。
でも、卵巣のことは分かりません・・・。
整え方なんて。

3連休、土曜日は夫と車でお台場に食事に行きましたが、
あとの2日は、走ったり(←足で)、走ったり(←自転車で)して過ごしました。

なんて言うと、めちゃめちゃアスリートな休日のようですが・・・
ぜんぜん。

ジョギングは、遅く短く・・・走ってます。あんまりがんばると、疲れるから~。
走ってて、歩行者以外、誰かを抜いたことなどありませぬ。

連休中日から夫が出張に行ったので、ジョギングも自転車もソロ活動です。
そして月末まで1人暮らしです。

わーい!・・・なんてね。

でも世の中の夫婦、夫が出張すると、心でバンザイ三唱する妻もいるんだろうな・・・。

バンザーイ!・・・な、なんてね。

前に、職場で「夫が出張すると、なんか元気がなくなるのよ」と言ったら、
後輩に「愛を感じますね!」なんて言われてしまいましたが、これは
急に環境が変わると不安になる・・・という意味でもあります。

もちろん愛もあると思いますが・・・。

2週間以上も夫がいないなら、実家に帰るというテもありますが、
遠いし(四国)、ペット(うさぎ)もいるし、東京を離れられないのです。

専業主婦、1人暮らしで何をする・・・。

ホント、のん気だわ・・・。

明日は映画のレディースデイだから、何か観ちゃおうかなっ。

夫とは絶対観に行かないであろう映画・・・SATCとかどうだろう?
(ビデオ、見たことないけど)

それとも、ポニョ?

あ、昨日スーパーでレジに並んでたら、隣に並んでいた夫婦(+子供1人)が
「オマエのおなかはポニョだ」 「パパこそ!」
と言い合ってました。

どこも同じこと言うんだな・・・。

とまあ、のん気な時間が過ぎていきます。
[PR]
by chiko2008 | 2008-09-16 17:53 | ⑥通常治療周期 (3)(自然)

そしたら、スッキリ!

2008年9月12日(金) <D13日目>

次の診察日は、生理3日目です。まだまだ先。

薬を使わない治療に変わってから、
以前のように頻繁に通院しないので、楽と言えばとても楽・・・。

でも、自然周期の治療って、ホントに自力で勝負(?)なんだなぁ・・・
ガンバレ、私の卵巣!!


さて・・・
今日は気分がスッキリしています。

朝からしっかりウォーキングしたし、家事もサッサと片付けたし、
それに・・・下着を買いました。

先月から今月にかけて、ちょこちょこ下着を買ってました。
ブラジャーとショーツ、引き出しの中を新しいものに入れ替えたくて。
それがほぼ完了しました。

そしたら、なんだかスッキリ。

洋服を入れ替えるよりかは、ずーっとずーっと安上がりだし、
綺麗な下着をつけるのは、気持ちいい!

新しいのをつけると、古いブラジャー、つけ心地が変わってる・・・と、
あらためて気が付きました。フィット感がぜんぜん違う。
伸びたり、形が変わったりするのね。

あー、スッキリ!と同時に、
夫のトランクス、いつも3枚¥1.000のを買ってきてスマン・・・、
という気持ちにもなりました。

女性の下着はそうはいかないのよ。分かって・・・(?)
[PR]
by chiko2008 | 2008-09-12 18:59 | ⑥通常治療周期 (3)(自然)

じわじわ効く

2008年9月10日(水) <D11日目>

今周期の採卵は残念な結果になりましたが・・・
(励ましの言葉、どうもありがとうございました!)

漢方、変わらず飲んでいます。
昨日は採卵のあと、薬局のカウンセリングに行きました。

まっすぐ帰宅して寝たかったけど・・・漢方薬も切れていたし、
継続しないと!と思って。

薬剤師さんと40分くらい話していたでしょうか、
モチロン採卵のことも話しました。

院長先生に「採卵は年12回チャンスがある」と言われた話を披露しながら、
フト思ったんですが・・・、
私は右の卵巣からは採卵し難いので、確立1/2で、
チャンスは年6回なのでは??

半分じゃないか~

と、さっそくガックリきちゃいました・・・。

漢方は、少し処方が変わりました。
疲労回復する効果がある漢方が追加されました。

鍼灸も変わらず続けています。

先々週に、ダイエット目的で鍼シールを貼ってもらった、オマケの「耳ツボ」ですが・・・
先週、鍼シールを取っちゃいました。

ん~、残念ながら、あまり効果を感じませんでした。
継続したら「効果が出てきた」と言う人もいるそうですが・・・どうなんでしょー?

でも、考えてみれば、一生耳に鍼シールを貼っておくわけにもいかないし、
将来に渡って継続できないようなダイエット法に頼るのは、イカンのかも。

ダイエット食品の「一食置き換えダイエット」もそう。
一生そのダイエット食品を買い、食べ続けるわけにはいきません。
(中にはそういう人もいるかもしれませんが)

結局、日常生活の改善なんですよね・・・。
食べ過ぎたら身体を動かし、
運動しない日は食べ過ぎない、
そういう日々の積み重ねに優るものはないのかもしれません。

漢方&鍼灸の効果、私は劇的な身体の変化は感じませんが、
今のところ感じているのは、

・生理が楽になった。
・生理の色・量とも薬で治療していた頃より改善された。
・自然なお通じを感じる
・冷えが少なくなった。
・漢方を始めたら、自宅でのお灸がよく効く(熱さをよく感じる)ようになった。

お通じに関しては、ちょっと気になるトコロもあるので、
すごく改善されたわけではありません。

「じわじわ効く」んでしょうか?

FSHの値も改善されましたが、それはマーベロンを中止したからだと思います。

でもまぁ・・・、効果があったことにしておこうかな?
[PR]
by chiko2008 | 2008-09-10 20:21 | ⑥通常治療周期 (3)(自然)
2008年9月9日(火) <D10日目>

今日は採卵日でした。

卵巣の調整にも刺激にも一切薬を使わない、自然な状態での採卵、
いったいどうなるの?とドキドキしましたが・・・

採卵は、左の卵巣から、首席卵胞を1個採取。

自然状態での採卵は、基本「首席卵胞1個のみ採卵」です。
数が少ないのは不安でしたが、「1個だけ」って、
採卵(施術)の負担が少なくて楽かも・・・と、いい方向に考え始めていましたが・・・

結果、空胞でした。

ガーン。

一緒に行った夫、出番なし。

夫が採精を待っていたら、看護士さんに呼ばれて、
「卵が採れなかったので、採精はなしです・・・」と説明を受けたそうです。

私は採卵後の安静が終わり、待合室で夫に会ったら、
「・・・採れなかったんだねぇ」と夫に言われて、
「エ、そうだったの!?」(←まだ聞いてなかった)と、ガーン!

その後の問診は夫婦で受診しましたが、とにかく私は暗かったです・・・。
今日は院長先生の採卵・問診でした。

「せんせい・・・ もういちど薬を使う治療に戻ることはないんでしょうか・・・」
と、幽霊みたいに消えそうな声で聞くと、

「それは無いねぇ、この場合、いったん中止した治療に戻ることは無い」
と院長先生。

自然がダメならやっぱり薬で・・・というのも乱暴な考えですが、
弱っているので何かに頼りたい。

「生理3日目の内診から、すでに大きな卵胞が見えていたので、
 今回首席卵胞に育ったのは、古い卵胞だったんでしょうか?」

と聞くと、

「大きいから古い、小さいから新しいというわけではないよ。
 大きさから決めることはできない。小さくても古いのが残っていく場合もあるし」

と院長先生。

とすると、ホント“採ってみないと分からない”んだ・・・。

「・・・1個しか採れないし」
と、また数の問題を持ち出したら、

「自然周期でたくさん採れたら、それはそっちの方が問題。
 数が多いのがええんではないよ」

と院長先生。

「・・・・」

その後、また私の転院前の治療の話になって、院長先生の持論、
薬を多用した治療の悪い影響があるのかもしれない、という話になり・・・

それを言われると、過去に戻ってやり直すわけにもいかないし、

うわーん、ほなどないしたらええっちゅうねん!(←心の声)
と、途方に暮れてしまいます・・・。

そこで院長先生が一言、
「あのね、1年12ヶ月やから、自然周期の人は単純にこの先1年で
 12回採卵のチャンスがあるってことよ!」


エ、院長先生のチョー前向き発言?

「そうやって、いい卵が出てくるのを待つ。ね?」

クリニックに通って8ヶ月目・・・、
先生方から励まし(?)のような言葉を聞いたのは、初めてかも!

診察室を出た後、夫は「そういうことだ!」と、チョー前向き発言に早くも
活路を見出していました。

そういや、問診でこういうことも言われました。

「空胞だったのは、スプレキュアが効いてなかったのかな?と思って
 採卵後に採血して調べたけど、そういうことではなかった」


あ~、あの採血はそういうことだったんですか・・・。

クリニックで、採卵後に安静室で採血したのは2回目です。

1回目は、転院直後の採卵のときでしたが、
そういやその時も空胞だったような・・・。

採卵後の採血は不吉な予感なの・・・?

いや、毎回そういうわけではないと思いますが、
モチロン患者さん誰にでもそうではないと思いますが、
私にとっては不吉な予感・・・になりました。

ということで、私のクリニック5回目の採卵、終わりました。
採卵を担当していただく先生も・・・すべての先生を経験し、
すでに2周目に入ってます。


*今日のお会計 ¥6,136
  (卵が採れなかったので、採卵にかかる費用は¥0。
   モチロン、お金は出すので成功してほしい ・・・って、嫌な金持ちみたいな発言)

*受付からお会計まで2時間30分くらい。
  (採れなかったので、早かった。
   モチロン、長い時間待ってもいいから成功してほしいのです)
[PR]
by chiko2008 | 2008-09-09 19:10 | ⑥通常治療周期 (3)(自然)
2008年9月7日(日) <D8日目>

↑昨日ですが、診察日でした。

いよいよ今周期から、卵巣の調整にも刺激にも全く薬を使わない、
自然状態での体外受精(まずは採卵)にチャレンジです。

自然ってことは、頼りは自分の身体のみ!?
それでちゃんと採卵に進めるのかなぁ?と思っていたら・・・

内診で、左の卵巣にもうすでに大きく育ってきた卵胞(18.9mm!)が見えて、
なんと、D10日目での採卵になりました。

私はいつも採卵が早い方で、D12~14日で採卵していましたが、
それにしても早い・・・。

大丈夫かな?

これ、古い卵胞がそのまま育ってきてるんじゃないのかな?

という不安が頭の中をグルグルしていますが、
考えてみれば、いい卵胞なのか?よくない卵胞なのか?
お腹の中ではもう決まっているんですよね・・・。

それを取り出してみないことには、分からない。

悩んで改善できることならまだしも、
決まっていることを、あーだこーだ悩んでみてもしょうがない・・・
と言えばしょうがない。

フム・・・。

せめて内診で分かればいいのにね・・・卵胞のコンディションが。

将来、もっと医療が進んだら、分かるようになるのかな?

それにしても、今までのパターン、
採卵して、培養して、結果胚盤胞凍結できず、請求書が送られてくる・・・そして入金、
というの、あぁ、いつまで続けられるんだろう・・・!?

なんて考えが、いろんな心配事が、
いつも頭の端にちらちらしている今日この頃・・・

実家からたくさんさつま芋をもらったので、
気分転換にとスイートポテトを作りました。

家でお菓子を作ると、いつもお砂糖控えめにしますが、
それでもお料理では考えられないくらい、どっさり入っています。

このお砂糖の量でこの味だとすると・・・
市販のお菓子はいったいどれだけお砂糖が入ってるんだ?

と、お菓子を作ると毎回思います。

スイートポテトの味は・・・なかなか美味しゅうございました。
自画自賛!
[PR]
by chiko2008 | 2008-09-08 17:00 | ⑥通常治療周期 (3)(自然)

気分転換

2008年9月3日(水) <D4日目>

昨日、クリニックの帰りに、銀座でネイルカラーを買いました。

ネイルカラーをつけるなんて・・・もしかしたら3年ぶりくらいかも!

爪はいつも短く切っています。
こんなこと言うと、いかにも「主婦っぽ~い」ですが、
長くすると家事にジャマですから・・・。

こんな私でも、結婚前はネイルのお手入れ、やってました。
形はスクエアがお気に入り。

スクエアにすると、カラーを塗ってないとヘンだから、
指先にはいつも色がのってました。

もちろん職場では、青いのや黒いの、ネイルアートはNGだから、
基本は淡いピンク系。
休みの日には、もうちょっとキラキラした色とか。

まぁ、結局は自己満足なんですが・・・、
ネイルのお手入れは、女子力がぐんとUPします!

で、今さら女子力もなにもないんですが、
ネイルカラー、たまにはいいか!と衝動買いです。

カラーを塗る前に、甘皮のお手入れ&表面のヤスリかけをしました。
(なつかしいお手入れだわ・・・)

つるんとした指先を見て、久々に、
自己満足の世界・・・味わっています。
[PR]
by chiko2008 | 2008-09-03 20:06 | ⑥通常治療周期 (3)(自然)
2008年9月2日(火) <D3日目>

今日は診察日でした。

現在、卵巣の調整にも刺激にも全く薬を使わない、
完全自然周期での体外受精にチャレンジしています。
今周期は、問題なく進めば採卵です。

なので、ブログのカテゴリーに 「⑥通常治療周期 (3)(自然)」と、
最後に(自然)なんて付け足してますが、
はぁ?自然?いったい何のこっちゃ?・・・ですが、そういう理由なんです。

ホントは(完全自然周期)って入れたかったんですが、字数オーバー・・・。

さて、D3のホルモン値は

-----------------------------------------------------------------------------

E2・・・55    LH・・・5.7    FSH・・・9.2

-----------------------------------------------------------------------------

E2の値は、いつもながら変てこな値が出てきたので、
厳密に測定し直したものです。(再検査がある日は、さらに待ち時間長し)

いつも問題になっていたFSHの値について、「今回は安定していますね」と先生。

それは“自然効果”かしら・・・。

やっぱりマーベロンって、私には問題だったのね。

超音波の写真を見ると、もうすでにそこそこ大きくなった卵胞が確認できました。
「これって・・・古い卵胞が残っているんでしょうか?」(←心配!)
と質問すると、
私のような場合(自然周期の場合ということ)
「古い新しいに関しては、もうあまり問題にしないでください」
とのこと。

「??」

でも古い卵胞が残って、それが育ってしまうとよくないんですよね・・・?
今までは、調整期間にマーベロンを服用して古い卵胞を潰してきたけど、
前の周期からは飲んでないし・・・。

「これから身体が首席卵胞を選ぶので、それを大切に採卵し、
 育てることを考えましょう。
 採卵は、1個か・・・うまくいって2個採れるかもしれませんね」

と先生。

てことは・・・

もしかして、

先生にも古いのか新しいのか分からないってこと?

でも、とりあえず前向きに考えとこ。
根拠はナイですが・・・

なんかよさそう ♪

うふ ♪ 

(↑私なりのイメトレです)


*今日のお会計 ¥3,500 

*受付からお会計まで2時間40分くらい。
  (最近の待ち時間の過ごし方・・・すんごい居眠り)
[PR]
by chiko2008 | 2008-09-02 20:38 | ⑥通常治療周期 (3)(自然)

癒されちゃいました

2008年9月1日(月) <D2日目>

一昨日のこと、気分が落ち着かず一日中イライラ!してしまい、
「いったいどうしたんだろう?」と思っていたら、昨日から生理が始まりました。

今周期は25日で始まっちゃった。短い。
それにしても、身体の反応は正確です(← イライラ!反応)。

明日(D3日目)は久々の通院日です。

診察で、気になるのは“残存卵胞”。
今までは、調整にマーベロンを服用することで古い卵胞を消してきましたが、
先週期から服用を中止しています。

止めても自然に消せる力があるのかなぁ??私の卵巣・・・。

そして鍼灸の効果は?(・・・まだ2ヶ月も経ってないけど)
漢方は?(・・・こっちは1ヶ月も経ってない)

私の身体は、採卵できるコンディションなんだろうか?
久々の新橋は、ちょっとドキドキします。


前回のブログに、「鍼で耳ツボを刺激してもらった」と書きましたが、
そのダイエット効果は・・・実はまだ分かりません。(笑)

鍼灸は、もちろん不妊治療がメインで通っていますが、
体調で気になっていること、例えば肩こりとか目が疲れるとか相談すると、
その治療も一緒に行えます。

先週は「ジョギングで右膝が痛い」と言うと、集中的に治療してくれました。

そして調子に乗って、ダイエットのことまで相談してしまいました。
で、“耳ツボ”・・・。

鍼灸の効果について、あれこれ語るほど私は経験も知識もありませんが、
最近感じるのは「リラックス効果」。

問診時や施術を受けているときに、不妊治療のことから、日常の体調不調、
ダイエットのことまで相談すると、とても熱心に聞いてもらえます。

漢方薬局で相談しているときも思うんですが、薬剤師さんや鍼灸師さんからは、
クリニックにはない「癒し」が(← し、失礼)、
さぁ、ここで何でもお話くださいね~・・・というオーラが出ています。

(いつか家庭の悩みまで話してしまいそうな・・・)

鍼灸師として働いている人は、他業界からの転職組が多いようですね。
仕事や人間関係に疲れたとき、鍼灸と出会って癒された・・・のかな?
というのは私の勝手な想像ですが、
みんな社会で疲れているんだな・・・(というのも、勝手な想像)。

「私も鍼灸師になろうかな・・・」
先週、表参道のカフェで友人に会ったとき、ポソッと言ったら、
「あはは、どーせ本気で言ってるんじゃないでしょー!」と笑われました。

友人のお姉さんも
「ある日ねぇ、鍼灸師になろうかなって言い出したことがあるよ!」だって。

「みんなフト疲れたらねー、そんなこと言い出すんだよ」だそうです。

そっか・・・。

「ほら、まずは子育てするんでしょ~?」と、赤ちゃんをあやすような
子育てジェスチャー付きで話す友人の、
明るい超・現実的パワーにも、しっかり癒されちゃいました。

そうだった、まずは子育てするんだったわ!
[PR]
by chiko2008 | 2008-09-01 12:10 | ⑥通常治療周期 (3)(自然)