現在41歳(1つ歳をとりました)    chikoの不妊治療記録。       夢クリニックで体外受精に挑戦。   <2009年1月に卒業しました>


by chiko2008
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:③クロミフェン周期( 8 )

2008年3月7日(金) <D12日目> カルテ上ではD14日目

クロミフェン周期1回目の採卵でした。(前回の採卵は完全自然周期)

結局、採卵を担当して頂いたのは、院長先生でした。
暗くてお顔はよく分かりませんでしたが、
声と「ひとりごと」でスグに分かりました。(笑)

今回の採卵、とても痛かったです。
というのも、右側の卵胞を採れる位置に移動させたくて、
お腹をギュウギュウ・・・ギュウギュウ!押されました。

さらにギュウ・・・ギューッ!!

めちゃめちゃ痛いではありませんかっ。
そばにいた看護士さんの手を、思わずギュッと握ってしまいました。

でも・・・

「ん~、くっついてるんだなぁ、ちょっと無理だなぁ」
と院長先生。

エエッ!?
ギュウギュウ押され損ってこと?

結局、左側からしか採卵できませんでした。

でも・・・

でも・・・

後でもっと驚くことが待っていたのは・・・

左側から一つだけ採れた卵胞は、「空」でした。

ガーン。


今日の内診、いつもより時間をかけて院長先生と話しました。

今回、右側の卵巣に3個、左側に1個、育っていた卵胞がありました。
もし全部採れれば4個。
でも右側からは採れなかった・・・。

「私が、お腹を押されて痛いのを、もっとガマンすれば採れたんですか?」
と聞くと、

「ん、そういうことじゃないね~」
と、院長先生はエコーの画像を見ながら説明されました。

右側の卵胞が、どう押しても移動してくれなかった。
癒着しているんだと思う。
この状態だと、どこから針を刺しても腸を傷つけてしまいそう。
子宮壁を通過させて採卵するのはOKだけど、腸はだめ。
とんでもないことになる。

「せっかく採れた一個も空なんて・・・、
何か努力で空になるのを防ぐことはできますか?」

と聞くと、

「あのね~、まぁ、年齢も大きく関わってくるんですよ」
と院長先生。

きゃー、年齢のことを言われると、もうどうしようもない・・・。

院長先生によると、
20代の若い人なら空になるのは2割程度、
ところが43歳くらいになると7割くらいが空になることもある、そうです。

40歳だと・・・よく見積もって5割くらい?
こういう計算が当てはまるかどうか分かりませんが、
もし4つ卵胞が採れていれば、そのうち2つは
OKだったかもしれない・・・ってことなのかなぁ?
(・・・という疑問を聞くのを忘れてしまった)

「数を採ろうと思って、薬でドンドン刺激すると、
 後で大変なことになるしねー」

と院長先生。

それは説明会でも伺ったクリニックの方針ですね・・・。

そして、こういう提案をされました。

とにかく、左側からいいのが採れるか、
右側からも採卵できるかしないと先に進めない。
でも右側から採卵できるかどうかは、
結局採卵してみないと分からない。

だから・・・

「うまくいったら先に進むってことにしますね。
 卵が採れないことには、クロミフェン周期3回というのには、
 これは該当しないから、預かったお金、いったん返金します」

と院長先生。

エッ!

てことは、私・・・

クロミフェン周期、クビってことですか・・・!?

なんてハッキリ聞けなかったけど、

とにかく、ガーン。

「今日からまた飲んでネ」と、最後にマーベロンを渡されました。

そしてお会計で、「これどうぞ~」と、返金確認書と
『通常体外受精 料金表』を渡されました。

再び、ガーン。

やっぱり クビ ってこと・・・なんですね?

クロミフェン周期の料金がどうのこうのより、
クリニックのスタンダードな治療の進め方に、私は『該当しない』ことが衝撃で・・・
簡単に言うと、
「アナタ、普通ではありません」と言われたようで、
(・・・いや、確かに普通ではありませんが)
身も心もヨレヨレ。

前向きに考えると・・・
採卵ができないと、クリニックでは採卵にかかる費用は¥0ですから、
(今日も¥0でした)
採卵が難しいケースの患者でも、クリニックはがんばってくれるんだ・・・
とも言えますが・・・。

それでも、ガーン。

105万円が、こっちからあっちに行き、そしてまたこっちに移動して、
私のクロミフェン周期、いったん終了です。

そして、またしても夫、活躍できず・・・。


衝撃続きだったので、さっき、念の為、
10円ハゲができてないか夫に調べてもらいました・・・。

まだできてないようです。

というところで、今日の日記を終わります。



*今日のお会計は¥4,209 (私) & ¥1,120 (夫)
                         (↑本当は受精の為だったんですケド、
                           検査のみになりました)
*受付からお会計まで4時間くらい。
[PR]
by chiko2008 | 2008-03-07 20:01 | ③クロミフェン周期
2008年3月5日(水) <D10日目> カルテ上ではD12日目
昨日の日記です。

5日は診察日でした。

採血 ⇒ 内診 ⇒ 問診 ⇒ 看護士さんからの説明

という流れ。

今日の問診は院長先生を希望しました。
院長先生とは初診でお会いした以来です。
クロミフェン周期1回目の採卵間近なので、診て頂きたかった。

結果・・・
ホルモン値、内診の結果から
「7日に採卵しましょう」ということになりました。

クリニックに通い始めてから、前の病院と比べてですが、
何でも進むのが早い・・・と思います。
それは私の卵胞の育ちが早いからでしょうか・・・?

ということで、内服していたセロフェンは今日から中止。
5日の夜11時(←時間指定されます)に点鼻薬“スプレキュア”を使用します。

この点鼻薬、前の治療で使ったことありますが・・・
あらためて看護士さんに使い方を教えてもらいました。

一通り説明を受けたあと、
「さあ、実際にやってみましょう」と、薬液ではなく、
練習用に水の入った容器を渡されます。

人前で何かを鼻に入れるのって・・・緊張しますね。(笑)
ブヒュ!(何の音でしょう・・・)、思わず失敗してしまい、
「す、すみません~」って、誰に何のために謝っているんだか・・・。
あわあわしちゃいました。

他にも、採卵日について看護士さんから一通り説明を受けたあと、
気になることを質問してみました。
「採卵を、院長先生にお願いしたいという希望はできますか?」

これは・・・受けていないそうです。
看護士さんがおっしゃるには、
採卵は時間を優先することが第一の理由。

確かに希望を聞いていると、時間がおして、
いいタイミングで採卵できない可能性もあります。

「何か気になることがありますか?」
と看護士さんに聞かれたので、
「いえ、ただ説明会で院長先生のお話を伺って、また院長先生の評判を伺って
 転院を決めたので、もし可能なら・・・と思っただけなんです」

と答えました。

でも、もう一つ気になることが。

私の右側の卵巣は採卵しにくい位置にあり、
前の病院では左側からのみ採卵していました。
だから薬で刺激しても、採卵できる数がとても少なかったのです。

今回はどうだろう?

先生にも
「右側、位置が難しいね」
と言われました。
採卵できるでしょうか?と聞くと、
「採卵時にお腹を押してみて、卵胞がいい位置に来てくれれば採卵します。
 腸壁を傷つけそうだったら採卵できないね。
 その時にならないと分からないなあ」

とのこと。

以前KLCに通っていた友人から、院長先生のKLC時代の評判を聞いていたので、
難しい採卵なら院長先生にぜひ・・・と思ったことも理由なのでした。

そのことも看護士さんにお話すると、
「S医師もKLCで長い経験があります。大丈夫です!」と言ってくれました。

もちろんS先生も頼りになる先生です。
診察では、キッパリした口調に、随分助けられました。
曖昧な表現が多い不妊治療で、ハッキリキッパリした判断は
私にはありがたいことなのです。ダメ出しも大歓迎!(笑)

あとは、クリニックを信じておまかせするだけです。

ちなみに、リセットからクロミフェン周期採卵までに服用した薬&注射は・・・

    ①マーベロン・・・1日2錠 14日間 (← リセット周期)
       ↓
    ②セロフェン・・・1日1錠 9日間  (←クロミフェン周期開始)
       ↓
    ③注射フォリスチム150・・・2回(自己注射含む)
       ↓
    ④スプレキュア・・・1回

です。 個人差があるのかな?


クロミフェン周期の採卵を明日に控えて・・・
今は期待と緊張が交互にやってきます。

いろんな思いもあります。

私は、フーナーテストというものを受けたことがありません。
それは、自然妊娠がまず不可能という私にとっては無意味な検査だからです。
もちろん、タイミングや人工受精も受けたことがありません。

医療の力を借りなければ妊娠できない身体で、
妊娠率〇〇%という数字にほのかな希望を見出し、
この2年間、とくに去年1年間は、
自分を奮い立たせるように治療に専念してきました。
病院に通うことは、もはや私の人生の一部です。

去年、仕事でお世話になっていた方にお会いしたとき、
「いったい仕事を辞めて何やってんだ?」
と聞かれて、
「夢があるんです」
という言葉がすんなり口から出てきて、自分でおどろいたことがありました。

「夢ってなに?」
と聞かれて
「人に言うと叶わないかもしれないからナイショ、でも、
 その夢に向かってがんばってるんです」

と答え、
ああ、そうだ、私は夢があるんだ・・・
仕事を辞めてそれを追いかけているんだ・・・と、
妙に力が沸いてきました。

そして、こうやってブログを書いていることも、ささやかだけど
その夢を追いかけている行為のひとつなんだと思います。

採卵を前にして、
今度こそ、このクリニックで夢をかなえたい!
あらためて思いました。


*5日のお会計は¥24,465 (前回の注射代も入っています)

*受付からお会計まで2時間くらい。
[PR]
by chiko2008 | 2008-03-06 14:17 | ③クロミフェン周期

さよなら~

2008年3月4日(火) <D9日目> カルテ上ではD11日目

振込みました、クロミフェン周期の預け金、105万円。

インターネットで振り込んだので、なんかこう・・・実感わきませんが・・・

さよなら~、ひゃくごまんえん・・・
返金されたくないので、サヨナラです


先週、友人に会ったとき、夢クリニックの“クロミフェン周期”と
“預け金105万円”の話をしたら、・・・ウケてました。

私もつられて・・・ウケてしまいました。

考えてみれば、105万円って・・・100万+消費税?
綿密な計画のもとに出てきた金額なのか、
アバウトなのか、
あまりにキリがいいだけに分かりません。(笑)

“妊娠が成立しなかったら一部返金”というシステムも、
私は、治療に自信があるからこそできるんだ・・・と思っていましたが、
「自信がないから返金なのかな~?」なんて友人に聞かれると、
オ?そういう考えもあるね・・・って、可笑しくなってきちゃって・・・

もちろん本気で「自信がないのかなぁ」なんて、心配しているわけではありませんっ。
信頼していますっ!

ただ、急にツボに入ってしまったんです、“105万円”が。(笑)
なぜか愉快のツボに・・・。

でも、治療の話をして笑えるなんて、シアワセかも・・・。

ありがとう、友人とクリニック・・・(?)
[PR]
by chiko2008 | 2008-03-04 18:18 | ③クロミフェン周期

採卵に向けて

2008年3月3日(月) <D8日目> カルテ上ではD10日目

自己注射、しました~。
1回目ほどは怖くなかったです。

40歳の雛祭りの思い出は、「自分で自分のお腹に注射したこと」です・・・。


私は、早ければ今週中に採卵になります。

今月から運動も控えています。
運動すると、腹圧で卵巣がねじれたり、排卵してしまう可能性もあるそうです。
確率としては少ないのかもしれませんが・・・用心するに越したことはありません。

今は、“歩く”以外は全部止めました。
どんな運動でも、結局は腹筋に力が入ります。
ジョギングも、自転車も。

でも、栄養はとらなくちゃいけませんので、治療中、体重増加は必至です・・・。
体重以外でも、薬でむくんだり、お腹がパンパンになったりして、
身体の変化に不安になりますね・・・。

そんな憂鬱な気分を盛り上げるために、お買物に行きました。
化粧品、春色アイシャドウを買いました。
(服は体重の変化で着られなくなるかもしれませんので・・・)

お買物で気分UP・・・すごーく単純な「自分の盛り上げ方」です。(笑)

アイシャドウを買うのは久しぶり。
専業主婦になってから、あまり化粧をしなくなりました。
あ、でも、化粧しないのは運動する日もあるからねっ・・・。
(って、誰に言い訳しているのやら)

色はイエローライムグリーンという組み合わせ。
つけてみると、菜の花みたいで綺麗・・・。(←色が)

有楽町西武のクリニークで購入しましたが、アドバイザーさんに
「これはプレゼントです」と「ハウス しらたき麺のスープ」をもらいました。

化粧品を買って食べ物を、それもカップスープをもらうのなんて初めて。

クリニークのアドバイザーさんは
「西武でプレゼントしているんですよ」と言ってましたが・・・
隣のディオールで買物してももらえるんだろうか?
しらたき麺のスープ・・・。


とにかく、今週は採卵に向けて、心と身体の調子を整えます!
[PR]
by chiko2008 | 2008-03-03 19:41 | ③クロミフェン周期
2008年3月1日(土) <D6日目> カルテ上ではD8日目

今日は診察日でした。
土日にクリニックに行ったのは初めてですが、混んでますね!

ブログの上部に、いつも日付と生理開始日からの日数を書いていますが、
実際に生理が始まった日と、カルテ上の日が異なります。

カルテ上の日数は、出血が始まった日ではなく、
マーベロンを飲み終わった日とホルモン値を基準にしているようです。

なので・・・今日は、実際は6日目なのですが、
クリニック的には8日目になっています。

日数のことを書きながら、
自分でも深く理解しているわけではないことが・・・分かりました。(笑)


今日の診察は

採血 ⇒ 内診 ⇒ 問診 ⇒ 注射(フォリスチム150単位)

という流れ。

今のところは、クロミフェン周期の採卵に向かって進んでいます。

注射は、看護士さんの指導のもと・・・初めての自己注射でした。
次の診察日までの間、家でフォリスチムを1回自己注射するので、その練習です。

お腹の脂肪をチョンとつまんで針を刺すのですが、
イザ刺そうとすると・・・
何度も何度も躊躇してしまいます。

自己注射できない場合は、もちろんクリニックに通って注射してもらうこともできます。
でも、看護士さんに
「来て頂くと、技術料とか診察料がかかりますよ」
と言われ、
ちょっとでも節約だわ!と思い、決心して、ブスッ!

やってみれば、あぁ~こんなもんなのね!って思います。

その後、注射セットを1日分用意してもらいました。
3月3日(月)に自己注射、忘れないようにしなきゃ。


さて・・・
今日は私にとって新しい発見がありました。
でも、私以外の患者さんにとっては常識だったのかもしれません。

今日の診察がすべて終わった後、看護士さんに、
「あのー、診察のことですが、院長先生に診てもらうことってできますか?」
と聞くと、
「次回から、問診表のご希望のところに、“院長希望”って書いてもらえばいいですよ」
だそうです。

「え、それだけ・・・?」と思わず聞いてしまいました。(笑)
院長先生とS先生、何かクリニック側での振り分けがあるのかと思ってました。

「ハイ、書いて頂くだけです。でも・・・院長を希望されると、
 さらに待ち時間が長くなりますので、それはご了承願います」(看護士さん)


私は、院長先生じゃなきゃイヤというわけではありませんが・・・
初診日以外は毎回S先生だったので、
何回かに1回は、院長先生のご意見も聞いてみたいと思っていました。

なるほど・・・

そういうことだったのかー、と、ひとつ疑問が晴れた私でした。


*今日のお会計¥3,470
   安い・・・と思ったら、注射代は次回支払うことになっていました。
   お会計以外で、クロミフェン周期の預け金の、振込み案内をもらいました。
   105万・・・!

*受付からお会計まで4時間くらい(最長です)
[PR]
by chiko2008 | 2008-03-01 16:19 | ③クロミフェン周期

いろいろ手探り

2008年2月28日(木) <D4日目>

基礎体温、今日もちょっと高かった。

D1日目 36.19 ←セロフェン開始
D2日目 36.27
D3日目 36.46
D4日目 36.43

低温期は、普段36度~36.3度の間くらいなので、
昨日・今日と0.2度ほど高め。

ちょっと調べてみると・・・
セロフェンを飲むと基礎体温が上がる、と書いている人もいるので、
まぁ・・・気にしないことにします。

いつもの生理中よりも、少しお腹がはる感じもしますが、
まぁ・・・気にしないことにします。(・・笑)

それより昨日、鏡を見て
「なんか私・・・田舎の子みたいだなぁ」と思ったのですが、
ホッペがほんのり赤いような。

ちなみに私、家にいるときは化粧をしません。
(だからチークの付けすぎではナイってことで・・・)

外出でも、スーパーや銀行に行くくらいなら化粧はしません。
化粧をするかどうかの基準は・・・んー・・・電車に乗るかどうか、かな。
だから車のときはスッピンだったりします。(笑)

近所でも、人と会うときは、まぁ~それなりには化粧しますが・・・
それでいいのか40歳!?
と思ったりもします。

まぁ、とりあえずいいとして・・・

また、ちょっと調べてみると、

☆セロフェン錠の副作用について

    『顔面紅潮感が5.4%、卵巣腫大が2.9%、下腹痛が2.2%、
     吐き気、嘔吐が2.0%、頻尿、尿量増加が1.5%、
     その他の頭痛、蕁麻疹、視覚障害、疲労感、神経興奮などが
     1%未満との報告があります』

私は、この「顔面紅潮感」なの?

顔面が紅潮すると、何か害があるのかな?

とりあえず今日は紅潮してないので、まぁ・・・気にしないことに・・・。

なんか、いろいろ手探りですね。


また化粧の話に戻りますが・・・
クリニックに通院する日は電車に乗るので、私の基準で「化粧をする日」です。

仕事をしていた頃は、もちろん毎朝メイクしていたので、
もはやルーティン化していましたが、治療生活に入ってはや2年、
たまーに化粧をするようになると・・・力が入っちゃうのか、時々、
アナタ何を目指しているの? というカオになることがっ。

クリニックの先生と会話するだけなのに(しかも2分くらい)、グルグル囲み目とか・・・。

なにごともホドホドに・・・これから気をつけます。
[PR]
by chiko2008 | 2008-02-28 18:43 | ③クロミフェン周期

何かしなくちゃ!?

2008年2月27日(水) <D3日目>

今朝、基礎体温がちょっと上がってビックリ・・・
今まで生理中に上がることはなかったので、もしかして薬(セロフェン)の影響??

あ、部屋が暖かいのかもしれません。(笑)
夜、オイルヒーターをつけたまま寝ています。


治療に関して、今やっているのは、ただ薬(セロフェン)を飲むだけ。
クリニックでの診察以外に、自分でしていることはありません。

漢方は、前の病院に通っていたときも飲みませんでした。
サプリメントは飲んでいましたが、転院後、
クリニックの方針ではないようなので止めました。

運動は、ジョギング&ウォーキングや自転車ナド、
ちょこちょこやっていますが、治療のためと言うより健康のため&趣味。

食べ物は、宅配で無農薬・減農薬野菜をとっていますが、治療のためではなく、
結婚したときに「料理の腕を上げたいな」なんて思って始めたことです。
玄米も好きだから食べてるだけで・・・。

ほんと、特別なことは何もしてないなぁ・・・。

それで妊娠に至ったら、

何もしなくて大丈夫でした!

ってことになるし、至らなかったら、

やっぱり何かしなくちゃダメなの!?

という例になってしまうかもです。

結局、何がいいのか分からないのです。

知人から「整体に通ったあとに妊娠した」話や
「不妊治療を休んだら自然に妊娠した」話を聞いたことがあります。

それは何がよかったのか?
整体かもしれませんし、メンタルなことかもしれませんし、
たまたまそのタイミングだっただけかもしれません。
やっぱり分かりません。

でも、妊娠したら「きっとアレがよかったんだ!」
と思う気持ちは分かります。

私の場合は、漢方や整体やリラックスだけでは妊娠できない
原因を抱えているので、「○○がよかったよ!」と聞いても、
実のところ・・・あまりピンとこないのです。

何かしなくちゃ!とあせった時期もありました。
でも、そう思えば思うほど、「何か」を求める心にきりがない気がしました。
あれも、これも、もっとしなくちゃ!と、どんどん求めて、・・・見失いそうです。

それに、やっぱり「分からない」のです・・・。
私は漢方や整体に関わった経験はありません。
ネットにはいろんな情報がありますが、何がいいのか判断できません。

・・・これ、いいのかなぁ?なんて疑問を持ったままやってみても、
本来感じられるはずの効果が得られないのでは?とも思いました。

それで、頭がぐちゃぐちゃして、
・・・というか、最初の「やっぱり分からん」って心境に戻って、
あ~・・・もうっ!!全部なし! と決めたわけです。(笑)

もちろん、やっている方を否定するつもりはありません。
むしろ、そういう方に出会うたび、
やっぱり私もやっとけばよかったかなぁ?・・・と思ったりして。

この先、きっかけがあれば何か始めるかもしれませんが、
そういう機会が訪れるより早く、
クリニックを卒業したい・・・と思う毎日です。
[PR]
by chiko2008 | 2008-02-27 18:10 | ③クロミフェン周期

しあわせな想像

2008年2月26日(火) <D2日目>
生理2日目、身体も心も、なんとなーくダルい一日でした。

昨夜、夫とクロミフェン周期の日程について確認しました。

「採卵は、問題なく進めば3月2週アタリになりそう。オットの出張は大丈夫?」(私)

「ウン、大丈夫」(夫)

夫は、年に何回か出張に行くのですが、出張先は、韓国・中国・香港(中国ですが)
のいずれかで、1回行くと2週間~1ヶ月帰ってきません。
(長いときは2ヶ月帰ってこなかったことも)

念のために精子を凍結しておくことも考えましたが・・・今回は大丈夫そうです。

夫は、できる限り治療優先で出張のスケジュールを立てているようで、
もちろんそのことで他の社員に調整を協力してもらうこともあり、
この治療、間接的にいろんな人のお世話になっているんだなぁ・・・
としみじみ思います。

そして、クロミフェン周期のことから、どんどん話が進んで・・・最後、

子供の名前はどっちが付けるか?

まで話が進みました。

・・・どこまで進むの?

「ねっ、私が名前付けていい?」(私)

「え、もう考えてるの?」(夫)

「・・・そんなわけないじゃん」(私)

「だったら、俺も考えたいよ!」(夫)

って、ノー天気な、オバカバカバカ会話です。


そうそう、その前に・・・(名前の前に)、

若い頃は、出産に立ち会ってもらうのはイヤだと思っていましたが、
最近は、その時が来れば、
ぜひ立ち会ってもらいたいと思うようになりました。

心境の変化は、治療に費やした日々の積み重ねによるものでしょうか。


たまには幸せな想像をしてみるのもいいです。

結果が出ないと後で余計に落ち込むことになるから・・・と、
以前は将来のことを口にするのにためらいがありましたが、
その時はその時・・・という気持ちの変化もまた、
治療の日々の積み重ねによるものかもしれません。
[PR]
by chiko2008 | 2008-02-26 18:58 | ③クロミフェン周期