現在41歳(1つ歳をとりました)    chikoの不妊治療記録。       夢クリニックで体外受精に挑戦。   <2009年1月に卒業しました>


by chiko2008
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

それからのこと・・・の続き

今週、妊娠20週目に入りました。

私が羊水検査を受けたのは、17週のことでした。

高齢出産の妊婦さんでも、この検査を受ける人は少数派のようです。
私も、もしもお腹の赤ちゃんに「胎児頸部浮腫」が見つからなければ、
おそらく羊水検査は受けなかったと思います。
浮腫みの厚さに寄って、ダウン症など染色体異常の可能性が
推定されると言われています。

私の赤ちゃんの浮腫みは、2人の医師に
「羊水検査を受けた方がいい」と言われる厚さでした。

羊水検査については、いろんな意見があると思います。
その焦点は、検査の結果、染色体に異常があると分かった場合、
お腹の赤ちゃんをどうするのか?ということでしょう。

産まない・・・という選択をされた方も、もちろんいらっしゃると思います。

どうするか?あるいは、どうしたらいいのか・・・?について、
私たち夫婦は何度も何度も話し合いましたが、結局、
検査前に結論を出すことはできませんでした。

もしも異常が見つかった場合、
産まない・・・?
そう想像しただけで、嗚咽をこらえきれませんでした。

羊水検査、あるいは検査結果の対応についての是非を、
私はどなたとも議論する気はありません。
悲しみも苦しみも、そして喜びさえも、当人たちのものだと思うからです。
誰かが私たちの人生に責任を取ってくれるわけではありません。

検査の日が数日後に近付いてきたとき、またいつものように
結論のでないことを堂々巡りに考えていて、フト思いました。

どうして産まないことで、悩んでいるんだろう?
どういう結果であれ、産んだっていいじゃない。

障害を持って産まれてくることが分かったら、
出産までの数ヶ月を、援助してくれる団体や施設、地域、学校などを
探す時間にあててもいいじゃないか。
障害を持つお子さんを実際に育てているお母さんたちと、
コミュニケーションをとる時間にしてもいい。

異常が見つかった場合も・・・選択はひとつじゃない。

そう思うことで、少しずつ気分が落ち着いてきました。

産む選択を視野にいれましたが・・・
どんな結果であれ産むと思うのなら、羊水検査はしなくていいんじゃないか?
とは思いませんでした。

今検査をしないということは、私にとって
問題から逃げることになるからです。
何か主張があって検査を受けない、というのではなく、
単に結果を知るのが怖くて、問題を先送りにするだけ。

これから親になろうとしているのに・・・
家族の問題から逃げてしまうわけにはいきません。

羊水検査は、1泊2日の入院で行いました。

お腹に麻酔針を刺す痛みはありましたが、
羊水を吸引するときの痛みは感じませんでした。
超音波で針を刺す位置を確認し始めてから、吸引が終了するまでの時間は
10分程度だったと思いますが、前後の検査や点滴を入れると、
2時間くらいの処置でした。

そうそう、お腹を消毒したとき、あまりにくすぐったくて、思わず
声を出して笑ってしまいました。あひゃひゃひゃ・・・って。
すごく場違いな笑い声に、先生や看護士さんも反応して笑ってくれて、
おかげでちょっとリラックスできました。

検査結果が出るまでの2週間は、わりあい落ち着いて過ごせました。
もうどんなに悩んでも、お腹の中の事実は変えようがないもの・・・。
検査を終えてからも、夫といろいろ話しましたが、
結論は、検査結果を聞いてから出すことにしました。

2週間後、病院へ夫と一緒に結果を聞きに行きました。

診察室のドアを開けた瞬間、先生の
「よかったね、検査結果は異常ないです」
という声が迎えてくれました。

もちろん、羊水検査ですべての異常が分かるわけではありません。
産まれてみなければ分からないこと、たくさんあります。
そして浮腫の原因は、つまるところ「何だか分からない」ということです。

でも、出生前にできることはやった、という思いで、
とにかくホッとしています。
あとはもう、無事に出産まで過ごせるようにと願う毎日です。

検査を受けると決めてから結果を聞くまでの数ヶ月、
夫婦で不安な時間を越えてきました。
結果には心底ホッとした反面、はしゃぐ気持ちにはなれません。

先のことが保障されたわけではありませんし、なによりも、
一度は障害のある子供を出産するかもしれないと
人生の選択肢にのせた思いを、
今はまだ「よかったね~」と明るい言葉で流してしまう気になれません。

そして私自身もまた、広い意味で身体に障害を抱えていたのではなかったか。
世間のレベルでは小さな小さな障害ですが・・・
自然に妊娠できない身体だと分かったとき、苦しい思いをしました。

でも、少しずつ前に進んできたら、
夫との結婚生活、楽しいこともたくさんありました。
生きてるといろいろある・・・ううん、生きているからこそいろいろある、と、
いつになく半生をふりかえってみたり、
いろんな思いがごっちゃになって、まだまだ整理しきれないでいます。

思いは、時間と共に変わっていくかもしれませんね。

そうそう、羊水検査の副産物で、既に赤ちゃんの性別が分かってしまいました。

7月の終わりに、私は男の子のお母さんになります。
[PR]
by chiko2008 | 2009-03-12 11:19 | ⑪それからのこと